儀礼から芸能へ : 狂騒・憑依・道化

松尾恒一 著

中世の寺社では、境内で呪術性を濃厚に含んだ身体表現をともなう熱狂的な舞台が繰り広げられたが、それは民衆にとっての身近な芸能でもあった。本書では、延年・修正会・修二会など、現在に伝承される宗教儀礼における咒師の作法や僧侶による滑稽芸が、猿楽や田楽へと発展する道筋を追う。法隆寺、興福寺、薬師寺、東大寺など、南都寺院とかかわりの深い芸能を中心に、民俗学的な視点から芸能発生の多様性を浮き彫りにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 延年の誕生-衆徒の祭儀と児の歌舞
  • 第2章 南都寺院における"走り"の呪法と芸能
  • 第3章 薪能の誕生-咒師から翁へ
  • 第4章 憑依と熱狂-猿楽能の原風景
  • 第5章 喧嘩、遊興、博打-中世、春日社神人の芸能
  • 第6章 秘儀と笑いの祝祭-毛越寺常行堂"摩多羅神祭"
  • 第7章 湯屋の祭儀と芸能
  • 第8章 御幣-南都の神仏習合の祭儀と造形
  • 第9章 儀礼空間と奉仕の人々-法隆寺・薬師寺の修正会・修二会
  • 第10章 童子と堂童子-奈良の仏教儀礼と支える人々

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 儀礼から芸能へ : 狂騒・憑依・道化
著作者等 松尾 恒一
書名ヨミ ギレイ カラ ゲイノウ エ : キョウソウ ヒョウイ ドウケ
書名別名 Girei kara geino e
シリーズ名 角川叢書 54
出版元 角川グループパブリッシング
角川学芸
刊行年月 2011.9
ページ数 237p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-04-702154-9
NCID BB0681146X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21992295
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想