日本企業国際化の研究 : 基礎データにみる光と陰

小林規威 著

本書は理論研究ではない。「国際化と経営パフォーマンスの関係性」を著者自ら開発した評価方法を用いた実証研究である。客観的な視点を持って明日への再活性化への道を提言する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日本の国際化企業が所属する11業種にみる国際化と経営パフォーマンスの関係性
  • 第2章 研究対象66社の選択基準、売上高および国際化度の実態と分析
  • 第3章 個別企業の利益性、安定性、創造性のパフォーマンスの評価と分析
  • 第4章 個別企業66社の経営パフォーマンス総合評価のまとめ
  • 第5章 業種別/個別企業別にみた国際化とパフォーマンスの関係性-CPIXマトリックス上の位置づけ
  • 第6章 5年度間を通じて「国際化チャンピオン」Cの座を維持した11社の分析と教訓
  • 第7章 本研究から学んだことの要約と提言

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本企業国際化の研究 : 基礎データにみる光と陰
著作者等 小林 規威
書名ヨミ ニホン キギョウ コクサイカ ノ ケンキュウ : キソ データ ニ ミル ヒカリ ト カゲ
書名別名 Nihon kigyo kokusaika no kenkyu
出版元 文眞堂
刊行年月 2011.9
ページ数 205p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8309-4717-9
NCID BB0696976X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21991755
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想