はじめての宗教学 : 『風の谷のナウシカ』を読み解く

正木晃 著

3月11日の東日本大震災後、世界中が称賛した被災者の態度。加筆した「付録2 日本人にとっての自然-恩恵と脅威」では、こうした態度のルーツを日本人の自然観や神観念の中に探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 物語
  • 第2章 聖処女・竜子王・トリックスター
  • 第3章 美女と野獣
  • 第4章 霊性の図像学-キリスト教世界
  • 第5章 愛と死の色彩学-インド的世界
  • 第6章 樹木の思想
  • 付論 宗教的な智恵とエコロジー(エコロジー思想の歴史
  • 宗教とエコロジー)
  • 付論2 日本人にとっての自然-恩恵と脅威

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 はじめての宗教学 : 『風の谷のナウシカ』を読み解く
著作者等 正木 晃
書名ヨミ ハジメテ ノ シュウキョウガク : カゼ ノ タニ ノ ナウシカ オ ヨミトク
書名別名 Hajimete no shukyogaku
シリーズ名 風の谷のナウシカ (アニメーション)
出版元 春秋社
刊行年月 2011.9
版表示 増補新装版.
ページ数 240p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-393-20305-7
NCID BB07000622
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21991245
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想