フランス史  6

ミシュレ 著 ; 大野一道, 立川孝一 監修

テルール(恐怖政治)以降の混乱をだれが収束するか。「英雄」ナポレオンに対峙するミシュレの厳しいまなざしは、国境を越えスペイン、ロシア、そして極東の日本へと広がり、グローバル化する現代世界を予見する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 社会主義、軍国主義、産業主義
  • バブーフ
  • 女たちの恐るべき躍進
  • 活動再開-学校の創設
  • ジェルミナルとプレリアルの峰起(一七九五年四月‐五月)
  • ヴァンデミエールの反乱-ボナパルトの登場
  • ボナパルト家の起源
  • イタリア遠征の企て
  • 歴史の審判
  • イギリスとアイルランド〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フランス史
著作者等 Michelet, Jules
大野 一道
立川 孝一
ミシュレ ジュール
書名ヨミ フランスシ
書名別名 Histoire de France:dix-neuvieme siecle

19世紀 : ナポレオンの世紀

Furansushi
巻冊次 6
出版元 藤原書店
刊行年月 2011.9
ページ数 615p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-89434-818-9
NCID BB06825657
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21991766
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想