国民生活と宗教

東亜協会研究部 編

[目次]

  • 標題紙
  • 目次
  • 文学博士 井上哲次郎氏 / 1
  • 研究会開会の辞
  • 文学士 吉田熊次氏 / 5
  • 序言
  • 宗教に関する問題
  • 仏教と基督教とが国民生活の上に如何なる影
  • 響を有するか
  • 仏教の方如何
  • 基督教の方如何
  • 宗教信仰と国民及び国家
  • 宗教の定義と其本質とに於ける諸家の説
  • 宗教は吾人の心意に如何なる関係を有するか
  • 統一の二方面
  • 宗教的信仰の精神活動に於ける長処と短処
  • 結論
  • 文学士 有馬祐政氏 / 52
  • 宗教とは何ぞや
  • 国民生活とは何ぞや
  • 歴史的考察
  • 西洋の方面
  • 東洋の方面
  • 支那に於ては如何
  • 宗教と文学
  • 仏教の利用
  • 日本に於ては如何
  • 純然たる宗教
  • 信仰は個人的なるべし
  • 日本人は道徳万能主義なり
  • 現世主義の国民
  • 文学士 加藤玄智氏 / 65
  • 道徳と宗教
  • 道徳実行の根柢
  • 宗教と未来の観念
  • 宗教と国民生活
  • 宗教と哲学
  • オウソリチーの進歩
  • カトリシズム
  • 文学士 吉田熊次氏 / 85
  • 加藤学士に答ふ
  • 宗教と道徳
  • 文学士 加藤玄智氏 / 93
  • 有馬吉田両学士に答ふ
  • 法学博士 浮田和民氏 / 95
  • 宗教と哲学
  • 宗教は国民生活の基礎
  • 宗教と教育
  • 文学博士 三宅雄二郎氏 / 103
  • 浮田博士を駁す
  • 宗教と国民の歴史
  • 宗教にのみ頼るは情なし
  • 神仏はありがたくなし
  • 神仏は虫螻蛄同様
  • 法学博士 浮田和民氏 / 108
  • 三宅博士に答ふ
  • 文学士 吉田熊次氏 / 111
  • 三宅浮田両博士に答ふ
  • 三宅中島両博士及び吉田文学士との問答
  • 文学博士 福来友吉氏 / 119
  • 物質的生命と精神的生命
  • 宗教としての処世術の困難点
  • 宗教の理想
  • 実際的困難点
  • 結論
  • 文学博士 元良勇次郎氏 / 174
  • 如何なる宗教が最も我国民に適するか
  • 国家の成立と宗教の成立
  • 宗教と国家組織
  • 基督教は宇宙的宗教なり
  • 仏教は心理的宗教なり
  • 神儒二教は国家的社会的宗教なり
  • 将来の宗教
  • 文学博士 井上哲次郎氏 / 183
  • 宗教と道徳に対する新感
  • 純道徳と将来の宗教
  • 道徳の二方面及び宗教に代るべき純道徳
  • 純道徳の根柢
  • 結論

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 国民生活と宗教
著作者等 東亜協会研究部
書名ヨミ コクミン セイカツ ト シュウキョウ
書名別名 Kokumin seikatsu to shukyo
出版元 弘道館
刊行年月 明42.7
ページ数 205p
大きさ 22cm
NCID BA41964133
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
40042532
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想