読んで深まる、書いて堪能する「般若理趣経」

正木晃 著

法悦こそが悟りにつながる。空海が秘匿した真言宗の経典。それは煩悩を含めた人間存在そのものをまるごと肯定した、人間讃歌の聖典だった。最澄との仲違いの原因となった密教の奥義を、大胆に、わかりやすく訳した決定版。功徳を約束する写経付き。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 般若理趣経
  • 理趣経とは?(正式な名称
  • 成立について
  • さまざまな訳本 ほか)
  • 理趣経 現代語訳(第一段(序説・初段)
  • 第二段
  • 第三段 ほか)
  • 理趣経の構成(密教に独特の解釈
  • 序分・正宗分・流通分
  • 付加句-勧請句/啓請句・合殺・廻向文 ほか)
  • 写経

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 読んで深まる、書いて堪能する「般若理趣経」
著作者等 正木 晃
書名ヨミ ヨンデ フカマル カイテ タンノウスル ハンニャ リシュキョウ
書名別名 Yonde fukamaru kaite tannosuru hannya rishukyo
シリーズ名 理趣経
出版元 PHP研究所
刊行年月 2011.9
ページ数 126p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-569-79862-2
全国書誌番号
21983998
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想