尋常科補習用修身口授教案

石井了一, 石井福太郎 編 ; 太田忠恕 閲

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 人の最大幸福は天命を保つにあり、
  • 第二章 飲酒は最も事業を妨ぐる大なるものなり、
  • 第三章 心は、巧なる絵師の如し、
  • 第四章 志を立てて学問を勉め、久しく年を積まば、其功何ぞ遠大に至らざらん、
  • 第五章 大志ある者は、小事を忽にせず、
  • 第六章 明者反て、瞽者に劣るをあり、
  • 第七章 百聞一見に如かず、
  • 第八章 学問に有用の学あり無用の学あり、有用の学とは学問すれば、我が為め人の為め益となるをいふ、故に学問の道◇、有用の学をなすべし、無用の学を為すべからず
  • 第九章 人肥ゑたるが故に貴からず、智あるを以て貴しとす、
  • 第十章 之を求むれば、余師あり、
  • 第十一章 悪種より良芽発せず、
  • 第十二章 一を以て万を疑ふべからず、
  • 第十三章 事に臨みて、確然たる気象なかるべからず、
  • 第十四章 義を見てせざるは勇なきなり、
  • 第十五章 若し大石の横はるをあれば、懦者は之を見て行路の障碍となし、勇者は之を見て進歩の登級と為す、
  • 第十六章 人は、自から営みて他を頼むべからず、
  • 第十七章 造物主は、労働を賞して驕奢を罰す、
  • 第十八章 盛年重ねて来らず、一日再び晨なり難し、
  • 第十九章 今日怠りて、明日ありといふを勿れ、
  • 第二十章 人の徳慧術知ある者は、恒に灰疾に存ず、
  • 第二十一章 富は立志と耐忍とに依て得らるべし、
  • 第二十二章 事を先にして得るを後にす、
  • 第二十三章 名誉を得んと欲せば、信実に其職を尽すに如くはなし、
  • 第二十四章 義に非ざれば取らず、
  • 第二十五章 中に誠あれば必ず外に顕はる、
  • 第二十六章 信は信を招き、愛は愛を迎ふ、
  • 第二十七章 信なれば人之に任ず、
  • 第二十八章 事を処するには、心の公なるを貴ぶ、
  • 第二十九章 手指は汚穢に染むとも、心の純潔なるに害なし、
  • 第三十章 魚を捕へんと欲せば、濡るることを厭ふべからず、
  • 第三十一章 人の心は、常に恭敬和楽なるべし、
  • 第三十二章 負てのく、人を弱しと思ふなよ、智恵の力の強いゆゑなり、
  • 第三十三章 嫩芽は疾風に偃して災を免れ、喬木は之に抗して折らる、
  • 第三十四章 二人馬に乗らんとすれば、一人後に乗らざるべからず、
  • 第三十五章 尺蠖の屈むは、伸びんか為めなり、
  • 第三十六章 忍ぶ◇能はざる所を忍べ、
  • 第三十七章 柔よく剛を制し、弱よく強に勝つ、
  • 第三十八章 和げば仇なく、忍べは辱なし、
  • 第三十九章 芝蘭は深山幽谷に在りと雖も其芳を滅ぜず、君子は患難困窮に逢ふと雖も其操を改めず、
  • 第四十章 いさかいは、実に山彦のこだまかや、わが口ゆゑに、先もやかまし、
  • 第四十一章 自から検束すれば、日に規矩に就く、
  • 第四十二章 前車の覆へるは、後車の戒めなり、
  • 第四十三章 人必ず反り思ふを貴ぶ、
  • 第四十四章 過ぎたるは及ばざるが如し、
  • 第四十五章 薬は病を治するに用ふ、
  • 第四十六章 過を改むるに吝なると勿れ、
  • 第四十七章 天の作せる災は尚ほ避くべし、自ら作せる災は逭る可らず、
  • 第四十八章 商業は他の職業に比すれば、最も其人の品行を試むる者なり、
  • 第四十九章 高きに登る卑きよりす、
  • 第五十章 急かば廻れ、
  • 第五十一章 三度尋ねて人を疑へ、
  • 第五十二章 善に習へば日日に楽しみ、悪に習へば日日に苦しむ、
  • 第五十三章 自から欺きて後、人之を欺く、
  • 第五十四章 貧賤を忘れざる者は、其富貴を保つ、
  • 第五十五章 喋喋しきは、さめやすし、
  • 第五十六章 品行は、所有物の最も貴きものなり、
  • 第五十七章 道徳の善悪は、智識の開否に伴ふものなり、
  • 第五十八章 能く節すれば、虚しといへども必す盈つ、
  • 第五十九章 多く聚むれば、必ず厚く失ふ、
  • 第六十章 借銭は、人を奴隷に化するものなり、
  • 第六十一章 節倹と吝嗇とは似て非なり、
  • 第六十二章 入るを計りて出るを制すべし、
  • 第六十三章 大人は、赤子の心を失はず、
  • 第六十四章 父母に事ふるに其心を安んぜざれば、大なる不孝といふべし、
  • 第六十五章 父子兄弟の親愛は、自然の天性に出づ、
  • 第六十六章 親親たり子子たり、
  • 第六十七章 当坐の苦身をいたはりて、子の願のままに育てぬるを、姑息の愛といふ、
  • 第六十八章 女子の舅姑に事ふるに、其敬は父と同じく、其愛は母と同じうすべし、
  • 第六十九章 女子の教育は、或は浮華に流れ、或は驕姿に陥る◇あり、然る時は、掛工の玉を磨くが如し、其光発せずして其質を損ふものなり、
  • 第七十章 兄は、父母につぎて尊ぶべし、
  • 第七十一章 義は、人の正路なり、
  • 第七十二章 貞女は、両夫に見えず、
  • 第七十三章 婦人は、世務に応ずる才あるを要す、
  • 第七十四章 一家の和睦は、婦人の善良なる行に依る、
  • 第七十五章 覆水再び帰らず、
  • 第七十六章 友に心友面友の二ありて、心友を最も貴しとす、
  • 第七十七章 朋友の難は、互に相救ふべし、
  • 第七十八章 其心厚き者は、其福厚し、
  • 第七十九章 斯を言ふは、斯を行ふに如かず、
  • 第八十章 修身の◇は道理を知るより、之を実行するを貴しとなす、
  • 第八十一章 人に交るに礼義正しく慇懃なれば、人我の間滞りなくして和らぎ睦しかるべし、
  • 第八十二章 我若し善をせば、人必す其徳に服す、
  • 第八十三章 陰徳ある者は陽報あり、
  • 第八十四章 失意の人に対しては、得意のことを談ぜず、
  • 第八十五章 己の欲する所、之を人に施せ、
  • 第八十六章 郷党に於て恂恂如たり、言ふ◇能はざる者に似たり、
  • 第八十七章 痴ならず聾ならずば、家翁たらず、
  • 第八十八章 山は青く、水は流れて白けれど、其ままもとの色にぞありける、
  • 第八十九章 堪忍せざれば交り和らがず、
  • 第九十章 百行中、恩に報ゆるとを大なりとす、
  • 第九十一章 人は、同感の情なかるべからす、
  • 第九十二章 甘きを分たざれば、苦しみを共にせず、
  • 第九十三章 利を見て義を思ふ、
  • 第九十四章 普天の下王土にあらざるはなく、卒土の浜王民にあらざるはなし、
  • 第九十五章 可を献する之を至忠といふ、
  • 第九十六章 君に事へては、軍旅に難を避けず、
  • 第九十七章 租税は、人民より政府に払ふ保倹料なり、
  • 第九十八章 国の安からん◇を求むる者は、必ず其徳義を積む、
  • 第九十九章 農は国の大本なり、
  • 第百章 愛国とは、国益を図るをいふ、

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 尋常科補習用修身口授教案
著作者等 太田 忠恕
石井 了一
石井 福太郎
太田忠恕 閲
書名ヨミ ジンジョウカ ホシュウヨウ シュウシン クジュ キョウアン
書名別名 Jinjoka hoshuyo shushin kuju kyoan
出版元 目黒巣枝堂
刊行年月 明24.4
ページ数 196p
大きさ 19cm
NCID BA4805092X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
40040166
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想