心理学とは何なのか

永田良昭 著

「髪をいじるのは会話が退屈だから?」…人の性格や本音を明らかにするのが心理学だとも言われるが、それは違う。心理学は、私たちがどのように世界を認識し意味を読み取り行動しているか、つまり「こころ」の働きの仕組みを追究する学問である。フロイトの夢解釈、アヴェロンの野生児、ケーラーの実験など、代表的な事例を丹念に解説し、心理学がどのような人間像を作り上げようとしてきたのか、その理論と体系を概説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 心理学のイメージ
  • 第1章 心理学は何をしようとしているのか
  • 第2章 「こころ」に関する発見と理論の構成
  • 第3章 環境とどのように関わるか
  • 第4章 意味の世界の構築
  • 第5章 人の社会性の基盤と集団・組織体・社会
  • 終章 心理学の広がり

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 心理学とは何なのか
著作者等 永田 良昭
書名ヨミ シンリガク トワ ナンナノカ : ニンゲン オ リカイスル タメニ
書名別名 人間を理解するために

Shinrigaku towa nannanoka
シリーズ名 中公新書 2125
出版元 中央公論新社
刊行年月 2011.8
ページ数 274p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-102125-0
NCID BB06536627
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21987453
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想