生殖卵巣学 : 臨床への進展

石塚文平, 鈴木秋悦 編

[目次]

  • 第1章 最新基礎知識(卵巣の解剖・組織学
  • 卵子の発生、減数分裂、卵胞形成、排卵の遺伝的基礎
  • 卵巣周期の神経内分泌学的調節
  • ゴナドトロピンとそのレセプター ほか)
  • 第2章 臨床の進展(卵巣周期(排卵周期)の異常-排卵障害や月経異常の原因
  • 卵巣周期に伴う諸症状・疾患
  • 避妊-排卵抑制
  • Diminished Ovarian Responseとその対策-排卵誘発 ほか)
  • 第3章 生殖卵巣学の将来

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生殖卵巣学 : 臨床への進展
著作者等 石塚 文平
鈴木 秋悦
書名ヨミ セイショク ランソウガク : リンショウ エノ シンテン
書名別名 Ovarian Studies for Reproduction
出版元 医歯薬
刊行年月 2011.9
ページ数 277p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-263-73138-3
NCID BB06655295
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21982367
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想