監獄ラッパーB.I.G.JOE : 獄中から作品を発表し続けた、日本人ラッパー6年間の記録

B.I.G.JOE 著

2005年、奇妙な音声で録音された「Lost Dope」という曲が、日本のヒップホップ・シーンに衝撃を与えた。声の主は札幌出身のラッパー、B.I.G.JOE。ヘロイン密輸容疑で逮捕され、オーストラリアの刑務所に服役中だった彼は、日本への国際電話を利用し、そのラップを吹き込んだのだ-収監中の身でありながら日本で発売された数々の作品は、どのように制作されたのか?長い刑期のなかで彼は何を感じ、何を思ったのか?その全貌が、ついに明かされる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ
  • 密輸計画
  • 無言の取調室
  • 幻覚と選択
  • 裁判
  • 判決=Not完結
  • 愛と孤独と決別と
  • 新天地
  • ジェイルで生きるための10の戒め
  • グローバルな食生活〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 監獄ラッパーB.I.G.JOE : 獄中から作品を発表し続けた、日本人ラッパー6年間の記録
著作者等 B. I. G. JOE
書名ヨミ カンゴク ラッパー B.I.G. JOE : ゴクチュウ カラ サクヒン オ ハッピョウシツズケタ ニホンジン ラッパー 6ネンカン ノ キロク
書名別名 Kangoku rappa B.I.G. JOE
出版元 リットーミュージック
刊行年月 2011.8
ページ数 283p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-8456-1974-0
NCID BB07929691
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21975667
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想