鉄道現業者の実務

甲斐園治 (列痴子) 著

[目次]

  • 目次
  • 総論
  • 一 運送の主力 / 1
  • 二 駅長権限の拡張 / 3
  • 三 現業の自治及集合的節制 / 9
  • 四 駅長室と駅長の態度 / 16
  • 五 現業者の能力 / 19
  • 六 現業上の六大欠点 / 24
  • 七 情実の弊 / 37
  • 八 情実一掃の方法 / 44
  • 人物
  • い 人物製造の方法 / 51
  • ろ 人物の試験及利用 / 53
  • は 人物市場の趨勢 / 55
  • に 交迭を行ふ利益 / 58
  • ほ 模範と為る人物 / 62
  • へ 人物の研究 / 67
  • と 人物の立脚地点 / 71
  • 常識
  • 一 常識の意義及価値 / 76
  • 二 他人本位の常識 / 81
  • 三 社交的自己の態度 / 85
  • 四 献身的行為 / 89
  • 五 個人の職務 / 93
  • 六 否応の常識 / 102
  • 七 旅客 / 108
  • 八 駅名喚呼法 / 110
  • 九 貨物及貨車 / 115
  • 一〇 運転 / 123
  • 一一 人命危急法 / 206
  • 一二 轢死処分法 / 237
  • 習慣
  • 一 理性的習慣及誘惑 / 252
  • 二 諸規則命令と其実行 / 258
  • 三 自省力と個人の発達 / 263
  • 四 独立自尊の観念 / 266
  • 五 訓練及注意の素養 / 271
  • 六 注意の練習及注意力 / 279
  • 教育
  • 一 旧思想と新智識 / 290
  • 二 現業者の資格及無教育 / 295
  • 三 教育の応用と高等教育 / 300
  • 四 経験の応用 / 308
  • 五 営業案内の智識 / 314
  • 六 繁閑の事務及見学旅行 / 321
  • 七 研究、趣味及小事の閑却 / 330
  • 八 読書力と専門の著書 / 342
  • 銓衡
  • 一 銓衡の形式と内申の勢力 / 349
  • 二 内申、内議、推薦の責任 / 354
  • 三 銓衡の標準と人物問題 / 359
  • 責任
  • 一 要求に対する義務 / 368
  • 二 委任に対する義務 / 370
  • 三 社会的信用 / 377
  • 四 個人独立の責任 / 387
  • 報酬
  • 一 最高の給料及昇級賞与 / 395
  • 二 最低の給料と腰掛尻 / 397
  • 三 精神的慰安及善行の奨励 / 400

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 鉄道現業者の実務
著作者等 甲斐 園治
書名ヨミ テツドウ ゲンギョウシャ ノ ジツム
出版元 列痴社
刊行年月 明42.5
ページ数 404p
大きさ 15cm
NCID BA63188944
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
40036792
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想