ゴダールと女たち

四方田犬彦 著

女に逃げられるという天才的才能。映画の革命的異端児として生きたゴダールの足跡。ジーン・セバーグ、アンナ・カリーナ、アンヌ=マリ・ミエヴィルたち女神との物語から描く、著者初めての書き下ろしゴダール論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ジーン・セバーグ-零落の聖女
  • 第2章 アンナ・カリーナ-今でも現役アイドル
  • 第3章 アンヌ・ヴィアゼムスキー-女優から作家へ
  • 番外 ジェーン・フォンダ-ただひたすら罵倒、罵倒
  • 第4章 アンヌ=マリ・ミエヴィル-聡明な批判者

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ゴダールと女たち
著作者等 四方田 犬彦
書名ヨミ ゴダール ト オンナタチ
書名別名 Godaru to onnatachi
シリーズ名 講談社現代新書 2118
出版元 講談社
刊行年月 2011.8
ページ数 218p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-288118-0
NCID BB06481194
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21972327
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想