カンギレム : 生を問う哲学者の全貌

ドミニック・ルクール 著 ; 沢崎壮宏, 竹中利彦, 三宅岳史 訳

カンギレムは、フランスの科学認識論を、生命科学や医学の領域へ広げた哲学者である。本書は、カンギレムの愛弟子であり、フランス科学哲学界を代表するルクールによる解説書。その青年時代の言論活動から、独自の生命哲学、哲学教育論にいたるまで幅広く紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 妥協を知らない哲学者の反逆の青年時代
  • 第2章 医学の哲学
  • 第3章 歴史的科学認識論?
  • 第4章 哲学
  • 第5章 哲学を教えること、教えることの哲学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 カンギレム : 生を問う哲学者の全貌
著作者等 Lecourt, Dominique
三宅 岳史
沢崎 壮宏
竹中 利彦
ルクール ドミニック
書名ヨミ カンギレム : セイ オ トウ テツガクシャ ノ ゼンボウ
書名別名 Georges Canguilhem

Kangiremu
シリーズ名 文庫クセジュ
出版元 白水社
刊行年月 2011.8
ページ数 135, 8p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-560-50960-9
NCID BB06469519
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21969792
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想