ことばの事実をみつめて : 言語研究の理論と実証

佐藤響子, 井川壽子, 鈴木芳江, 古谷孝子, 松谷明美, 都田青子, 守田美子 編

千葉修司津田塾大学教授の定年退職を記念し、教え子と同僚が長年のご指導にたいする感謝をこめて執筆した論文集。日本語と英語のデータを中心に、はじめに事実ありきから出発し、言語事象の詳細な検討と理論を往復する研究スタンスを大切にした37本の論文からなる。音声学・音韻論、形態論、共時的統語論、通時的統語論、言語習得、意味論、語用論、社会言語学、英語教育と幅広い分野を網羅。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 音声学・音韻論
  • 第2部 形態論
  • 第3部 統語論(共時的)
  • 第4部 統語論(通時的)
  • 第5部 言語習得
  • 第6部 意味論
  • 第7部 語用論・社会言語学
  • 第8部 英語教育

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ことばの事実をみつめて : 言語研究の理論と実証
著作者等 井川 壽子
佐藤 響子
都田 青子
鈴木 芳枝
守田 美子
松谷 明美
古谷 孝子
書名ヨミ コトバ ノ ジジツ オ ミツメテ : ゲンゴ ケンキュウ ノ リロン ト ジッショウ
出版元 開拓社
刊行年月 2011.7
ページ数 418p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7589-2165-7
NCID BB0621844X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22030326
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
A Case Study of the Acquisition of the Negative Expression Mihoko Kubota
A Diachronic Approach to Compound Truncation in Japanese Eri Yoshihara, Haruko Miyakoda
A Note on Neurolinguistics Mieko Kukita
CHILDESに基づいた初期wh-疑問文の特徴 深谷修代
English Simulated Patient Program as an Example of Task-Based Language Teaching Saeko Noda
Examination of Indonesian Passive Forms Katsuko Takakuda
Functions of Pragmatic Markers in Discourse Mitsuyo Suzuki
Interpretable Case in the History of English Fuyo Osawa
Maloryにおける虚辞のThere 小林美樹
Normative Masculine Verbal Behavior among Japanese Youth Kyoko Satoh
Notes on Wh-movement and Focus Akemi Matsuya
Relationships between Prefixation,Suffixation,and Compounding Akiko Nagano
The Argument Structure Change in Light Verb Constructions Mayumi Kobayashi
The Motivation behind the Development of the Verbal Gerund Natsuko Ishida
The Structure of Perception Verb Complements in English Takako Furuya
Tohoku Dialects and Their Stereotyped Image Shigeko Kumagai
反義語 清海節子
外来語の定着プロセスにおける語用論的要因の役割 守田美子
子どもの語彙獲得・発話を促す母親の発話スタイルとその要因 佐藤久美子
属格語尾から機能範疇Dへ 宮前和代
幼児の「誤り」を観て斯(ここ)に普遍文法を知る 村杉恵子
形態論 能動-ee語の出現と発達 磯崎聡子
思考動詞のアスペクトに関する一考察 鈴木泉子
意味論 結果構文再考 阿部明子
方言における音変化と音韻論的対立についての一考察 橋本文子
東西アクセントの出会う地域で音声変異について学ぶということ 服部範子
格と態の関係 二枝美津子
格付与されないNP 鈴木 芳枝
知覚の世界と「自分」「お互い」 井川 壽子
統語論(共時的) 進化言語学とは何か 池内正幸
統語論(通時的) Multiple Negation in Middle English through the Helsinki Corpus Reiko Ito
英語の動詞由来名詞を導く接尾辞について 島村礼子
英語の母音はいくつある? 柴田知薫子
英語教育 A Clue to Successful Academic Writing in English as a Foreign Language Masako Ono
言語習得 Sloppy Identity Readings in Child Japanese Masuyo Ito
語用論・社会言語学 ディスコース・ポライトネス理論の確立と可能性 梅田紘子
音声学・音韻論 A Note on/s/-stop Clusters in English Atsuko (Kadota) Ikegashira
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想