金の運転と銀行

大塚徳太郎 (任天) 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 一 金とは何んそ
  • 二 貨幣の性質
  • 三 貨幣の効能
  • 四 貨幣の運転
  • 五 資産の増殖
  • 六 富の性質
  • 七 国家の富
  • 八 富と貧
  • 九 資金運転の巧拙
  • 十 昔の貯蓄法
  • 十一 今の貯蓄法
  • 十二 貯蓄の意味の誤解
  • 十三 金の死蔵と国富の関係
  • 十四 文明人の貯蓄法
  • 十五 文明人の金の運転
  • 十六 金の運転と殖産興業
  • 十七 銀行と金融の関係
  • 十八 銀行の効能
  • 十九 銀行の基礎
  • 二十 銀行の営業方針
  • 二一 都会の銀行と村落の銀行
  • 二二 銀行の重役
  • 二三 銀行の事務員
  • 二四 銀行の確実如何を知る方法
  • 二五 銀行と株主
  • 二六 銀行と預金、貯金主
  • 二七 欧米に於ける銀行者と取引者との関係
  • 二八 銀行の取引謝絶と社会の制栽
  • 二九 諸種の手形

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 金の運転と銀行
著作者等 大塚 徳太郎
書名ヨミ カネ ノ ウンテン ト ギンコウ
出版元 茨城日報社
刊行年月 明38.12
ページ数 83p
大きさ 21cm
全国書誌番号
40032649
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想