哲学はランチのあとで : 映画で学ぶやさしい哲学

内藤理恵子 著

映画100本を素材に自分らしく生きるための哲学サプリ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 生きるとは?映画とごはん、そして哲学(そもそもなぜ「映画」の中の「ごはん」なのか?
  • 「食べる」ことについて ほか)
  • ちょっと一息…映画で楽しく学ぼう(おやつタイム
  • ベッドタイム)
  • ホネになったら…映画とお墓、そして哲学(墓地で見つけた777
  • お墓はメディアである ほか)
  • 生と死のコントラスト(おわりに-どんな時でも腹は減る)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 哲学はランチのあとで : 映画で学ぶやさしい哲学
著作者等 内藤 理恵子
書名ヨミ テツガク ワ ランチ ノ アト デ : エイガ デ マナブ ヤサシイ テツガク
書名別名 Tetsugaku wa ranchi no ato de
出版元 風媒社
刊行年月 2011.6
ページ数 223p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-8331-0412-8
NCID BB06488400
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21968562
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想