物理学者はごみをこう見る : 家庭ごみ・放射能ごみはゼロ・ウェイストで解決

広瀬立成 著

家庭ごみ、原発から出る放射性ごみをどのようになくしていくか。ゼロウェイスト政策で「浪費社会」から「もったいない社会」へ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 ごみと持続性(ごみとは何か
  • 東京ドーム1000個分のごみ ほか)
  • 2章 生命と環境(環境エンジンとは
  • 自然ごみと人工ごみ ほか)
  • 3章 ゼロ・ウェイストとごみ(浪費社会とごみ
  • 焼却政策の問題点 ほか)
  • 4章 ゼロ・ウェイストへの挑戦(事故から学ぶ:水俣の挑戦
  • ゼロ・ウェイストは「ごみゼロ」ではない ほか)
  • 5章 もったいない社会は市民の手で(おさらい
  • マータイさんは語る ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 物理学者はごみをこう見る : 家庭ごみ・放射能ごみはゼロ・ウェイストで解決
著作者等 広瀬 立成
書名ヨミ ブツリガクシャ ワ ゴミ オ コウ ミル : カテイ ゴミ ホウシャノウ ゴミ ワ ゼロ ウェイスト デ カイケツ
出版元 自治体研究社
刊行年月 2011.8
ページ数 157p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-88037-576-2
NCID BB06543939
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21965495
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想