犯罪者之教育 : 一名・在監人ノ体育及実業教育

ハミルトン・デー・ウェー 著 ; 留岡幸助 訳

[目次]

  • 目次
  • 旧思想に基く行刑の目的 / 1
  • 新思想に基く行刑の目的 / 1
  • 犯罪の原因 / 2
  • 犯罪の原因は極て復雑なり / 2
  • 犯罪の重因は神経系統の発育不完全なるにあり / 3
  • 犯罪人処遇の要点 / 3
  • 其要点は身体工芸規律の教育をなすにあり / 4
  • 犯罪人に対する世人の誤解 / 4
  • 犯罪人の没徳義 / 4
  • 犯罪人の没智識 / 4
  • 犯罪者の弱点 / 6
  • 犯罪者に後悔の感念なし / 7
  • 犯罪者は普通人民と同一視す可らざるものあり / 7
  • 其心に表裏あり / 7
  • 良心の喪失 / 7
  • 犯罪者を教育するに反対するものの言 / 8
  • 犯罪矯正の唯一の方法は其れ啻た教育にあり / 9
  • 犯罪者の特徴 / 9
  • 犯罪人教育の困難 / 10
  • 監獄教師の選任は特に注意する所なかる可らず / 11
  • 同囚をして教授せしむ可らず / 12
  • 監獄教育は間断せしむ可らず / 13
  • 犯罪者には只現在あるを知らしむ可し / 13
  • 一種の犯罪者 / 14
  • 身体の操練と精神の発達 / 14
  • 体育に於ける「エルマイラ」感化監獄の実験 / 15
  • 堕落囚人に対する特別なる処遇 / 17
  • 体育としての入浴 / 17
  • 体格検査 / 18
  • 其結果 / 18
  • 体量及身体 / 19
  • 毎週の献立 / 21
  • 囚人の智識 / 22
  • 入浴 / 23
  • 浴湯の種類 / 24
  • 桶風呂 / 24
  • 体育の結果 / 26
  • 学課の教授 / 29
  • 学課教育の効果 / 29
  • 数学に進歩あり / 30
  • 数学教授の目的は心性を練磨するにあり / 30
  • 犯罪者の智識は最も数学に於て欠乏す / 31
  • 語学と地理学との教授 / 31
  • 体操教授の困難 / 32
  • 「ダンベル」体操の弊害 / 33
  • 体量の増加 / 36
  • 入浴と皮膚の官能 / 37
  • 体育と相貌の変化 / 38
  • 体育と心智の開発 / 38
  • 教育の成績 / 39
  • 評点制度 / 40
  • 第一表 / 41
  • 第二表 / 42
  • 怠惰は詐欺となり詐欺は自己の身体を顧みざるに至る / 47
  • 身体の不発育は犯罪の一原因なり / 47
  • 驚く可き好結果 / 53
  • 筋肉の発達と頭脳の活動 / 53
  • 放免は体育与つて力あり / 55
  • 身心相関の理 / 56
  • ドクトルセギユインと白痴教育 / 56
  • 魯鈍なる囚人は恰も一種の動物の如し / 57
  • 魯鈍なる囚人と身体教育 / 57
  • セギュインの説 / 58
  • 入浴と犯罪人教育 / 58
  • 注意すへき警告 / 58
  • 知覚神経と運動神経 / 59
  • 筋内組織 / 59
  • 運動と筋肉 / 60
  • 未丁年には体育は殊に必要なり / 61
  • 情の強制と意志力の養成 / 62
  • 食物と体育 / 63
  • 兵学生徒と犯罪人 / 63
  • 身体の発達脳髄の進化 / 64
  • 体育教師と犯罪人 / 65
  • 監獄最終の目的を達せんと欲せば須らく体育を奨励せざる可からず / 65
  • 監獄には教誨師と同しく躰育教師を招聘す可し / 66
  • 不生産的労働は改過遷善に大害あり / 67
  • 社会に於ける工業の発達は監獄作業に変化を来たす / 68
  • 出獄人にして職業に就く者甚た稀なり / 71
  • 懶惰と犯罪 / 72
  • 無職業と犯罪 / 72
  • 己むを得すして犯罪を為すに至る / 74
  • 実業学校と徒弟制度の廃滅 / 74
  • 監獄に於ける職業教育の不備 / 75
  • 社会は監獄に於ける実業教育の必要を認むるに至る / 75
  • 州獄典獄の言 / 76
  • 感化事業と実業教育 / 77
  • 感化院と徒弟教育 / 78
  • 感化院の実業は生徒に手工的職業を教ふるにあり / 79
  • 「オハヨー」州に於ける実業教育主義 / 82
  • 「エルマイラ」感化監獄の実業教育 / 83
  • 職業学校 / 86
  • 鍛冶工 / 87
  • 図画の課程 / 92
  • 読書 / 96
  • 試験 / 96
  • 器械画 / 97
  • 線及幾何学的図画 / 99
  • 鍛工科の課程 / 102
  • 煉瓦職の課程 / 104
  • 漆喰職の課程 / 105
  • 石工科の課程 / 105
  • 大工科の課程 / 106
  • 壁画科ノ課程 / 108
  • 其要領 / 110
  • 絵具使用の順序 / 113
  • 絵具と其使用方法 / 115
  • 職業教育の目的 / 118
  • 経済的利益より見たる実業教育 / 119
  • 職業学校は心性を訓練する一大機関なり / 119
  • 職業教育は遂に良心を喚起するに至る / 120
  • 監獄学の進歩は犯罪者に実業教育の必要を奨励するものなり / 122

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 犯罪者之教育 : 一名・在監人ノ体育及実業教育
著作者等 Way, Hamilton D
留岡 幸助
Way Hamilton D.
ハミルトン・デー・ウェー
書名ヨミ ハンザイシャ ノ キョウイク : イチメイ ザイカンジン ノ タイイク オヨビ ジツギョウ キョウイク
書名別名 Hanzaisha no kyoiku
出版元 監獄協会出版部
刊行年月 明33.8
ページ数 123p
大きさ 23cm
NCID BA66865175
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
40031603
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想