親子関係の生涯発達心理学

氏家達夫, 高濱裕子 編著

親子関係を世代性と生涯発達の枠組みから捉え、親子関係の生涯発達心理学という新たなパラダイムを提案する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 親子関係と生涯発達(本書の基本枠組み
  • 親子関係についての理論 ほか)
  • 第2章 親子関係の生涯発達心理学(乳幼児期
  • 学童期・思春期 ほか)
  • 第3章 歩行開始期における親の変化と子どもの変化(量的アプローチ)(縦断研究の概要
  • 調査結果の分析 ほか)
  • 第4章 歩行開始期における親子システムの変化(質的アプローチ)(理論的枠組み
  • 5事例の分析と質的アプローチ ほか)
  • 第5章 まとめと今後の展望(本書の基本枠組み再考
  • 本書で扱えなかったことと今後の研究課題について)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 親子関係の生涯発達心理学
著作者等 氏家 達夫
高濱 裕子
書名ヨミ オヤコ カンケイ ノ ショウガイ ハッタツ シンリガク
書名別名 Oyako kankei no shogai hattatsu shinrigaku
出版元 風間書房
刊行年月 2011.7
ページ数 279p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7599-1866-3
NCID BB06365160
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21966483
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想