沖縄学事始め

泉武 著

今に生きる沖縄の歴史と民俗を知る最適の手引き書。沖縄本島や宮古諸島、八重山諸島など各地域に伝わる神話・伝承や風習を現地体験にもとづいて探索し、沖縄が独自に培ってきた文化の本質や生死観に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 沖縄本島から(浦添・首里
  • 本島山原地域
  • 久高島
  • 津堅島
  • 粟国島・慶留間島)
  • 第2章 宮古諸島から(宮古島狩俣
  • 池間島
  • 多良間島
  • 伊良部島)
  • 第3章 八重山諸島から(竹富島
  • 波照間島
  • 西表島)
  • 第4章 沖縄全般にかかわること
  • 第5章 島に生きる-沖縄の生死観

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 沖縄学事始め
著作者等 泉 武
書名ヨミ オキナワガク コトハジメ
書名別名 Okinawagaku kotohajime
出版元 同成社
刊行年月 2011.7
ページ数 229p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-88621-570-3
NCID BB06270483
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21964152
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想