アメリカの友人 : 東京デニス・ホッパー日記

谷川建司 著

アメリカ映画史とアメリカのカウンター・カルチャーに大きな足跡を遺し、2010年5月に惜しまれつつ世を去ったデニス・ホッパー。55年に及んだそのキャリアを通じて、時代のアイコンたちと幅広い交友関係を持ち、芸術的な影響を互いに与えあったきたホッパーと、プライヴェートな部分で、そして仕事の上で20年余に及ぶ交流を持ってきた著者が、素顔のホッパーについて語り続けてきた交遊録。「誰もが知っているデニス・ホッパーの、誰も見たことのない素顔」を貴重な写真の数々と共に浮き彫りにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1986→1988-僕にとって本当の意味での"デニス・ホッパーとの出会い"はニューヨークでのことだった。
  • 1989-有志が手弁当で招待した東京デニス・ホッパー・フェスティヴァルに深く心を揺さぶられたデニス。
  • 1990-映画祭と写真展実現のために費やした努力とハードワークへの感謝の意を込めた贈り物として、これを持っていて欲しい。
  • 1991-今日、君に教えたいことは、デニスは僕に「愛してるよ」と言い、僕は彼に「愛してるよ、デニス」と言ったということだ。
  • 1992-当てなど全く無かったが、これまでだって、本気で何かしたいときにはいつも見切り発車だった。
  • 1993-さながらミニ・デニス・ホッパー・フェスティヴァルの様相を呈することになった新作三本連続公開+レイトショー。
  • 1994-デニス、ロジェ・ヴァディム、そして勝新太郎さんと語り、食べ、飲んで過ごした至福の時。
  • 1995-セント・アンドリュースの17番ホールをもしも人間に喩えるならば、それはデニス・ホッパーに違いない。
  • 1996-あなたの本を見たデニスがいかに喜んでいたかをまだ伝えていなかったでしょうか。
  • 1997-お前のことを愛しているし、弟のように思っているんだ。とにかく今日のランチを一緒に食おう。〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アメリカの友人 : 東京デニス・ホッパー日記
著作者等 谷川 建司
書名ヨミ アメリカ ノ ユウジン : トウキョウ デニス ホッパー ニッキ
出版元 キネマ旬報社
刊行年月 2011.2
ページ数 351p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-87376-351-4
NCID BB04946810
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21963198
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想