信長・秀吉と家臣たち

谷口克広 著

信長・秀吉を中心とする安土桃山は画期的な時代だった。戦国を終わらせ江戸へと橋渡しするこの時代は主役の二人の個性がきわだっているが脇役たちにも魅力あふれる人物が揃っている。個性あふれる面白い人間たちを通して安土桃山時代の真の姿が浮かび上がる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 織田信長という人物
  • 第2章 悲劇の織田武将
  • 第3章 個性豊かな信長の家臣たち
  • 第4章 信長から秀吉へ
  • 第5章 豊臣秀吉という人物
  • 第6章 秀吉の覇権を助けた人物
  • 第7章 豊臣政権の展開
  • 第8章 秀吉以後の日本

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 信長・秀吉と家臣たち
著作者等 谷口 克広
書名ヨミ ノブナガ ヒデヨシ ト カシンタチ
書名別名 Nobunaga hideyoshi to kashintachi
シリーズ名 学研新書 095
出版元 学研パブリッシング : 学研マーケティング
刊行年月 2011.8
ページ数 309p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-05-405021-1
NCID BB06814355
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21960729
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想