明治の歌舞伎と出版メディア

矢内賢二 著

明治になり、歌舞伎の型の伝承に対する危機感のなかで、型そのものを文字に残し、後代に伝える「型の記録」が生まれた。従来の歌舞伎史研究ではあまり触れられなかった「型の記録」を中心に、『歌舞伎新報』『歌舞伎』『演芸画報』などの演劇雑誌や新聞などの出版メディアと明治の歌舞伎について考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 明治期における劇評の諸相(六二連『俳優評判記』と新聞劇評
  • 三木竹二の位置)
  • 第2章 型の記録の成立と展開(『歌舞伎新報』における筋書
  • 『歌舞伎』における型の記録
  • 型の記録の記述方法における特色
  • 「芝居見たまま」の成立と展開)
  • 第3章 明治期歌舞伎における戦争物(出版メディアにみる『皐月晴上野朝風』の興行宣伝と受容
  • 歌舞伎における日清戦争物)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 明治の歌舞伎と出版メディア
著作者等 矢内 賢二
書名ヨミ メイジ ノ カブキ ト シュッパン メディア
書名別名 Meiji no kabuki to shuppan media
出版元 ぺりかん社
刊行年月 2011.7
ページ数 242p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8315-1295-6
NCID BB06339003
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21959692
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想