チベットの仏教美術とマンダラ

森雅秀 著

長い歴史と多様なる姿をもち、「聖なるもの」を独特のかたちで表現するチベット美術。その強烈な原色の世界を、学際的視野から包括的に捉え、アジアの仏教美術と文化史のなかに位置づけた画期的労作。未発表作品を含むカラー写真を中心に多数の貴重図版を掲載。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部(チベットの地理と歴史
  • チベットの仏教美術概観 ほか)
  • 第2部(ラダック地方アルチ寺三層堂のマンダラ
  • ペンコル・チョルテン第五層の金剛界マンダラ)
  • 第3部(マンダラ儀軌集成書『ヴァジュラーヴァリー』
  • ゴル寺の「ヴァジュラーヴァリー・マンダラ集」とその周辺 ほか)
  • 第4部(集会樹に見られる宗教実践とイメージ
  • 「五百尊図像集」に関する基本的問題 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 チベットの仏教美術とマンダラ
著作者等 森 雅秀
書名ヨミ チベット ノ ブッキョウ ビジュツ ト マンダラ
書名別名 Chibetto no bukkyo bijutsu to mandara
出版元 名古屋大学出版会
刊行年月 2011.7
ページ数 315p 図版31枚
大きさ 27cm
ISBN 978-4-8158-0670-5
NCID BB06142075
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21960754
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想