言語と精神

ノーム・チョムスキー 著 ; 町田健 訳

人間はなぜ"言語"を習得できるのか。言語学に革命をもたらした生成文法とその最重要概念"普遍文法"について、チョムスキーが一般向けに解説した名著、待望の新訳。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 精神の研究に対して言語はどんな貢献をするのか-これまでになされたこと
  • 第2章 精神の問題に対する言語学の貢献-現在行なわれていること
  • 第3章 精神の研究に対する言語学の貢献-未来になされるべきこと
  • 第4章 自然言語の形式と意味
  • 第5章 言語の形式的性質
  • 第6章 言語学と哲学
  • 第7章 生物言語学と人間の能力

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 言語と精神
著作者等 Chomsky, Noam
川本 茂雄
町田 健
チョムスキー ノーム
書名ヨミ ゲンゴ ト セイシン
書名別名 Language and mind.3rd ed
出版元 河出書房新社
刊行年月 2011.7
ページ数 357p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-309-24556-0
NCID BB06215452
BN01279419
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21959218
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想