風の王国  山の上の賢者

毛利志生子 著

ラセルは花嫁を決め、ヤルルンに戻った翠蘭は、懐かしい人々との再会に胸を熱くする。娘のイェルカは利発に成長を遂げており、翠蘭は母親としての対応に戸惑っていた。ソンツェン・ガムポの命令でリジムの葬儀を執り行うための寺院建設を任された翠蘭は、ラセルを伴ってラサに向かう。だが、それは同時に、サンボータとの婚儀のためにシャンシュンに向かう朱瓔との別れの旅でもあった…。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 風の王国
著作者等 毛利 志生子
書名ヨミ カゼ ノ オウコク
書名別名 Kaze no okoku
シリーズ名 コバルト文庫 も2-43
巻冊次 山の上の賢者
出版元 集英社
刊行年月 2011.7
ページ数 293p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-08-601539-4
全国書誌番号
21957283
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想