教科書の中の宗教 : この奇妙な実態

藤原聖子 著

公教育は政教分離をとうに踏み越えていた?なぜ誰も気づかなかったのか?「中立・客観」的であると信じられている教科書の知られざる記述を仔細に検証する。海外での論争や試行錯誤も豊富に紹介。国際理解のための、そして自ら考えるための宗教教育とはどうあるべきか。そもそも中立的に宗教を語ることは可能なのか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 教科書が推進する宗教教育-日本は本当に政教分離か
  • 2章 なぜ宗派教育的なのか
  • 3章 教科書が内包する宗教差別
  • 4章 なぜ偏見・差別が見逃されてきたのか
  • 5章 海外の論争と試行錯誤
  • 6章 宗教を語りなおすために

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 教科書の中の宗教 : この奇妙な実態
著作者等 藤原 聖子
書名ヨミ キョウカショ ノ ナカ ノ シュウキョウ : コノ キミョウナ ジッタイ
書名別名 Kyokasho no naka no shukyo
シリーズ名 岩波新書 新赤版1313
出版元 岩波書店
刊行年月 2011.6
ページ数 226, 5p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431313-7
NCID BB05993951
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21956540
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想