人権宣言論

ゲオルグ・エリネック 著 ; 美濃部達吉 訳

[目次]

  • 標題紙
  • 目次
  • 人権宣言論 / 1
  • 第一節 人権宣言ノ法史上ニ於ケル地位 / 1
  • 第二節 「ルーソー」ノ民約論ハ人権宣言ノ淵源ニ非ラズ / 6
  • 第三節 人権宣言ノ模範ハ米国各州ノ権利宣言ニ在リ / 9
  • 第四節 「ヴァジニア」及其他ノ米国諸州ノ権利宣言 / 16
  • 第五節 人権宣言ト米国諸州ノ権利宣言トノ対照 / 20
  • 第六節 米国諸州ノ権利宣言ト英国ノ同宣言トノ差違 / 33
  • 第七節 一般人権ヲ法律ニ依リテ規定セントスル思想ノ根源ハ米国ノ英国殖民地ニ於ケル信教ノ自由ニ在リ / 47
  • 第八節 米国ニ於テ各種ノ人権ヲ規定スルニ至リシ由来 / 63
  • 第九節 人権ノ思想ト「ゲルマン」族固有ノ法律思想トノ関係 / 74
  • 少数者ノ権利ヲ論ス / 83
  • 歴史上ニ於ケル国家ノ種々相 / 145
  • 緒言 / 145
  • 第一節 古代東洋ノ国家 / 147
  • 第二節 希臘ノ国家 / 154
  • 第三節 羅馬ノ国家 / 178
  • 第四節 中世ノ国家 / 185
  • 第五節 近世ノ国家 / 194

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 人権宣言論
著作者等 Jellinek, Georg
美濃部 達吉
ゲオルグ・エリネック
書名ヨミ ジンケン センゲンロン
書名別名 Jinken sengenron
シリーズ名 国法学資料 ; 第1冊
出版元 有斐閣
刊行年月 明39.10
ページ数 204p
大きさ 23cm
全国書誌番号
40023406
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想