和本への招待 : 日本人と書物の歴史

橋口侯之介 著

平安時代の物語が、なぜ今も読めるのか?1300年の歴史をもつ「和本」には、日本人の知恵、技術、美意識や読書熱がたっぷりと内包されている。素材や綴り方、写本の手法、本屋の仕事など、和本にまつわる歴史を辿り、日本独自の豊饒な文化を一望。『源氏物語』などの古典から江戸の大衆小説、市井の本屋の日記まで、時を超え、今も手にとって愉しめる和本の"ものがたり"を解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 千年前の『源氏物語』を復元する(千年前の書物の謎
  • 装訂の誕生-『源氏物語』前史
  • 千年残る紙の進歩
  • 千年前の表記ルール
  • よみがえる『源氏物語』)
  • 第2章 中世の本づくりを担った人びと(藤原定家の時代
  • 大きな役割を担った寺社
  • 木版印刷の始まり)
  • 第3章 売れる本づくり(古活字版で広がる読者層
  • 商業出版の始まり
  • 本屋仲間の台頭
  • 名門本屋「風月」に見る多角経営)
  • 第4章 世界的にも稀な江戸時代の出版形態(株になっていた出版権
  • 江戸期の本づくり-風月庄左衛門の日記より
  • 江戸期独特の「板株」の実態
  • 共同出版の隆盛)
  • 第5章 揺れ動く"本"と"草"(正規の"本"と大衆の"草"
  • 江戸初期に花開く草紙の世界
  • 草紙屋による新たな"草"の拡大
  • 変わるものと変わらぬもの)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 和本への招待 : 日本人と書物の歴史
著作者等 橋口 侯之介
書名ヨミ ワホン エノ ショウタイ : ニホンジン ト ショモツ ノ レキシ
シリーズ名 角川選書 492
出版元 角川学芸 : 角川グループパブリッシング
刊行年月 2011.6
ページ数 221p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-04-703492-1
NCID BB06036602
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21952608
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想