地方経営小鑑

[目次]

  • 標題紙
  • 目次
  • 一 久留米市と日貫月貫の組合 / 1p
  • 二 人民の便利を主とせる広村役場の事務室 / 2p
  • 三 小学校児童の自働販売器 / 4p
  • 四 桑山家と小作人の備荒儲蓄 / 6p
  • 五 花嫁花婿の持参品と成績箱 / 7p
  • 六 定五郎橋と由来 / 8p
  • 七 農事改良と神前の立誓 / 12p
  • 八 八戸青年会と設立者の篤志 / 14p
  • 九 名和昆虫研究所の農作害虫標本 / 18p
  • 一〇 壱円の月掛講と和納銀行 / 20p
  • 一一 反古紙利用と封筒表紙の製作 / 22p
  • 一二 長野市と低能児教育 / 24p
  • 一三 竹原町の孝女チヨ / 25p
  • 一四 水口実業補習学校と其の施設 / 27p
  • 一五 鶏卵の払込と小坂村共同貯蓄会 / 30p
  • 一六 義民村と義人社 / 30p
  • 一七 青年団体の首班たる老翁の篤行 / 33p
  • 一八 篤志者の日誌と法螺貝 / 34p
  • 一九 篤農家と乾田米作法 / 36p
  • 二〇 鹿沼町と鋸屑の製炭法 / 37p
  • 二一 此の処廃物利用爺と婆 / 38p
  • 二二 三等郵便局長と福の神 / 40p
  • 二三 生徒反省表を作製せる三井工業学校 / 41p
  • 二四 釜石鉄山と学校経営 / 42p
  • 二五 琵琶湖の養殖事業 / 43p
  • 二六 堤防の起工と文政神社 / 48p
  • 二七 高知県野市村と鶏卵講 / 49p
  • 二八 学童の副業と罎苞製造 / 50p
  • 二九 僧侶の企劃と果樹園 / 51p
  • 三〇 八十年前より存続せる貯蓄事業 / 53p
  • 三一 川上村養鶏事業と購買販売組合 / 54p
  • 三二 東長田村の同志会と実業奨励 / 56p
  • 三三 伏見十六会と勤労の時計 / 58p
  • 三四 夜見半島の一良村と火防組合 / 59p
  • 三五 校舎新築費の自弁と青年篤志者 / 60p
  • 三六 事務整理と手提文庫 / 61p
  • 三七 村長の篤志と地主小作人の融和 / 63p
  • 三八 愛知県下に於ける購買販売組合の嚆矢 / 63p
  • 三九 師範学校長の考案と新社会地図 / 64p
  • 四〇 広島県沼隈郡青年会の努力 / 68p
  • 四一 実科教授を主とせる新潟女子工芸学校 / 69p
  • 四二 大津実業補習学校竹工科生徒の製作品 / 71p
  • 四三 鳴門若布の精製に努めたる里浦村 / 72p
  • 四四 長崎県上波佐見の陶磁器業と信用組合 / 73p
  • 四五 道徳と汽車の比喩 / 74p
  • 四六 産業組合と一村の発展 / 75p
  • 四七 盲唖学校と主任教授の熱誠 / 76p
  • 四八 師範学校生徒と購売組合 / 78p
  • 四九 老翁の熱誠と公益事業の発展 / 79p
  • 五〇 貝原益軒と文庫 / 80p
  • 五一 東京府戸倉村と協同一致 / 82p
  • 五二 僧侶の篤志と地方の啓発 / 86p
  • 五三 産業組合の活動と一村の開発 / 87p
  • 五四 戊申詔書奉戴の記念貯金 / 88p
  • 五五 衛生思想の普及と景品券配布 / 88p
  • 五六 移動式隔離病舎 / 90p
  • 五七 千葉県水産試験場の改良漁船 / 91p
  • 五八 篤志者と博練黌 / 92p
  • 五九 小学校長の熱誠と開発主義 / 94p
  • 六〇 部落有財産の統一と二万壱千円 / 94p
  • 六一 小作人奨励と農事の改良 / 95p
  • 六二 亡夫の遺言と校園の寄附 / 97p
  • 六三 納税期通告の法螺貝と小豆島の一村 / 98p
  • 六四 新田の開墾と果樹園の創設 / 100p
  • 六五 青年団と苗圃の設置 / 102p
  • 六六 板垣伯と社会改良会 / 102p
  • 六七 法螺貝の合図と租税の完納 / 103p
  • 六八 名和靖の発明せる蝶蛾鱗粉転写 / 103p
  • 六九 小学校長と子守学校の附設 / 104p
  • 七〇 六栗青年会及処女会と其活動 / 105p
  • 七一 落花生栽培の率先者と追頌 / 107p
  • 七二 人の利用と物の利用 / 108p
  • 七三 私立堀田農事試験場 / 109p
  • 七四 四恩会と子守教育 / 110p
  • 七五 殖産の業に力を致せし篤志者 / 111p
  • 七六 校長の熱誠と大阪府立職工学校の経営 / 113p
  • 七七 篤志者と朝起会 / 113p
  • 七八 篤志者と江北図書館の設置 / 115p
  • 七九 桑名の富豪と水道及排水事業 / 116p
  • 八〇 少女の奮励と畜産の発達 / 117p
  • 八一 戸倉村と奨善 / 118p
  • 八二 山林業者と其の亀鑑 / 120p
  • 八三 共同貯蓄の転用と角島の共同販売組合設立 / 121p
  • 八四 延岡町役場の夜間出勤簿と吏員の励精 / 123p
  • 八五 祝宴費の節約と篤志者の造林費提供 / 123p
  • 八六 村農会長と奮励 / 124p
  • 八七 山陰製糸会社と『山陰又昔』 / 125p
  • 八八 忠婢タネと幼主の教養 / 127p
  • 八九 俳人一茶の生地と信濃物産販売購買組合 / 129p
  • 九〇 婦人矯風会と『婦人ホーム』 / 129p
  • 九一 五人組制度の摸倣と五戸の組合 / 131p
  • 九二 日露戦役後の紀念と青年会 / 132p
  • 九三 遠江報徳社の由来 / 134p
  • 九四 野地青年会と風紀の改善 / 136p
  • 九五 楢川村と木櫛購買販売組合 / 138p
  • 九六 公会堂と屏風(其一) / 139p
  • 九七 排水機の据付と一箇年の収益二万二千余円 / 140p
  • 九八 排水機と収穫の劇増 / 141p
  • 九九 小海村と共同心の発揮 / 144p
  • 一〇〇 錦江村の村是実践と貯金台帳 / 145p
  • 一〇一 徳山中学校の地球儀型徳目 / 146p
  • 一〇二 副業の発達と養蚕講習所の設立 / 147p
  • 一〇三 耕地整理と二毛作 / 148p
  • 一〇四 凶作救済と副業の勃興 / 148p
  • 一〇五 広島県金井村の無木地と細民の耕作 / 149p
  • 一〇六 内地産の硬質陶器 / 150p
  • 一〇七 産業組合と其紀律の整斉 / 151p
  • 一〇八 富豪と地方改良事業 / 152p
  • 一〇九 新潟積善組合と巡回文庫 / 153p
  • 一一〇 平尾在脩と二五六八会 / 154p
  • 一一一 私立衛生会と産婆養成所 / 155p
  • 一一二 伊藤家の小作人信用組合及婦人会 / 156p
  • 一一三 大地主と小作人の愛撫奨励 / 157p
  • 一一四 鹿深館の屏風(其二) / 158p
  • 一一五 寒村に於ける二宮会の活動 / 159p
  • 一一六 村治の発展と投書函 / 160p
  • 一一七 学童自治団と其効果 / 161p
  • 一一八 軍隊組織と正条植 / 162p
  • 一一九 喞筒及蒸汽機関の説明用模型と神奈川県船越補習学校 / 163p
  • 一二〇 村民の公共心と各種の貯蓄 / 164p
  • 一二一 失明者と地方の改善 / 166p
  • 一二二 漁村の共同事業と共同貯蓄 / 167p
  • 一二三 韓国に於ける滞納の矯弊 / 168p
  • 一二四 公共心に富める春振村の植林経営 / 169p
  • 一二五 勤倹貯蓄と壮丁の矯風 / 171p
  • 一二六 宮司と地方の改善 / 172p
  • 一二七 元消防組たりし青年会と其活動 / 174p
  • 一二八 篤志者と地方の開発 / 174p
  • 一二九 私立丸亀鶏鳴学館と生徒めざまし縄 / 175p
  • 一三〇 美育と品性陶冶 / 177p
  • 一三一 産業開発の一先鋒 / 177p
  • 一三二 上原信用組合理事の所用品 / 180p
  • 一三三 素封家と小作人の愛撫 / 180p
  • 一三四 衰亡の一村を復興せる信用組合 / 181p
  • 一三五 工場らしき工業徒弟学校 / 182p
  • 一三六 師範学校生徒と理化教材の作製 / 183p
  • 一三七 意匠を凝らしたる出征軍人名簿 / 184p
  • 一三八 師範学校長の演説と一家の和合 / 185p
  • 一三九 滞納の矯弊と日溜銭組合 / 186p
  • 一四〇 篤志者間杢右衛門と教育事業 / 188p
  • 一四一 炭坑主の初老祝と無尽義会 / 191p
  • 一四二 横田村と貢米組合 / 192p
  • 一四三 小学児童と家禽調査 / 193p
  • 一四四 近江婦人と慈善会 / 196p
  • 一四五 子守ハルの養鶏手帳 / 197p
  • 一四六 遠近画報の理論と説明器 / 198p
  • 一四七 東雲村と産馬改良 / 199p
  • 一四八 村長の熱誠と花莚製織業の発展 / 200p
  • 一四九 元長浜警察署長と廃物利用 / 201p
  • 一五〇 霞ヶ浦真珠業と薬種商人 / 201p
  • 一五一 京都市立陶磁器試験場と成績品 / 202p
  • 一五二 桑山村の蚕桑と先人の教訓 / 204p
  • 一五三 篤志者と滞納積弊の一洗 / 206p
  • 一五四 達麿堂主人と一郷の風化 / 207p
  • 一五五 木曽山林学校と運材模型 / 209p
  • 一五六 伏見十六会及信用組合の活動 / 210p
  • 一五七 緬羊飼育事業と国益の増進 / 214p
  • 一五八 共有金穀の蓄積と塩田村の西塩子部落 / 216p
  • 一五九 廃物利用と卓子掛布 / 217p
  • 一六〇 僧侶の篤志と貧民部落の改善 / 218p
  • 一六一 共立女子職業学校と生徒の製作品 / 219p
  • 一六二 畜産組合と利源開発 / 220p
  • 一六三 餅搗きの比喩 / 221p
  • 一六四 耕牛の購入と農事の改良 / 213p
  • 一六五 篤志者と村事の斡旋 / 224p
  • 一六六 神社と学校とを中心として興れる良村治 / 226p
  • 一六七 戸倉村と貯金嚢 / 227p
  • 一六八 職工徒弟学校と信用販売所 / 228p
  • 一六九 積志村と家庭会 / 229p
  • 一七〇 金の生る樹 / 231p
  • 一七一 納税準備と日掛箱 / 232p
  • 一七二 木細工製造事業と窮民の救済 / 232p
  • 一七三 小学校長と其日記帳 / 233p
  • 一七四 豪農の篤志と図書館の設立 / 234p
  • 一七五 青年団体と共同苗代 / 234p
  • 一七六 豊岡町の道徳銀行 / 235p
  • 一七七 五郷山部分林の経営 / 236p
  • 一七八 名匠の後を襲ける刄物鍛冶 / 238p
  • 一七九 篤農者伊藤長次郎 / 239p
  • 一八〇 里内文庫と其附帯事業 / 241p
  • 一八一 卒業生会と其活動 / 241p
  • 一八二 町長の奮励と仁方町の振興 / 243p
  • 一八三 素封家と農民愛撫 / 244p
  • 一八四 青年団体と善行表彰 / 245p
  • 一八五 安原村と村是実践 / 246p
  • 一八六 飲酒家頂門の一針 / 247p
  • 一八七 青年団体と其本旨 / 248p
  • 一八八 佐賀関漁民の遠洋漁業と椎根津彦神社 / 252p
  • 一八九 蘇鉄葉の利用と大島の潤沢 / 253p
  • 一九〇 愛知県東加茂郡の植林事業 / 254p
  • 一九一 榊神社の三百年祭と其の記念図書館 / 255p
  • 一九二 柏崎図書館と巡廻文庫 / 255p
  • 一九三 農家の副業と杞柳栽培 / 257p
  • 一九四 女子の篤志になれる裁縫女学館 / 257p
  • 一九五 三等郵便局長の熱誠に成れる貯金奨励の倣蟻会 / 258p
  • 一九六 新潟市の水道 / 260p
  • 一九七 三代村の鐸鈴と一村の早起 / 261p
  • 一九八 滞納の矯弊と納税注意旗 / 262p
  • 一九九 農民の楽園たる蟹江家庭果樹園 / 263p
  • 二〇〇 三万余人の組合員と四十万余円の基金を有せる積善組合 / 265p
  • 二〇一 尾道市小学校と通俗図書館 / 267p
  • 二〇二 鼻緒製造業と奈良県三郷村下ノ庄部落の改善 / 268p
  • 二〇三 小学校基本財産と奈良県阪合村の蓄積法 / 269p
  • 二〇四 篤志者の熱誠と貧民部落の改善 / 270p
  • 二〇五 第一号及第二号の藍綬褒章を授けられたる篤志者 / 272p
  • 二〇六 児童の個性に鑑み桜柳梅菊の四組に分てる小学校 / 273p
  • 二〇七 戦時救済事業と地方の生産 / 279p
  • 二〇八 婦女の力に成れる小学校 / 280p
  • 二〇九 農事改良の尽力と奈良県川東村の老農 / 281p
  • 二一〇 子守教育と滋賀県西片小学校教員の篤志 / 282p
  • 二一一 知事が無名にて贈れる楠公の壁書と婦徳の発揮 / 283p
  • 二一二 戊申詔書の記念と滋賀県小松村の肥料共同購買資金募集 / 284p
  • 二一三 青年団体の共同蓄積と倶楽部及文庫の新設 / 285p
  • 二一四 加納子爵の経営せる信用組合と夫人及令嬢の尽瘁 / 286p
  • 二一五 岡山県婦人慈善会と女子夜学会の開設 / 288p
  • 二一六 教員の誠意と親の会に配りたる扇 / 288p
  • 二一七 主婦下婢の下婢学校へ入学 / 289p
  • 二一八 休日行事を作れる生出村 / 290p
  • 二一九 村是の調査確立と岡山県西高月村の施設 / 292p
  • 二二〇 岡山県倉敷町の素封家大原氏の篤志 / 293p
  • 二二一 二回共に表彰の選に当りたる名誉ある村農会 / 295p
  • 二二二 東宮殿下の御使を忝ふせる郡是製糸会社 / 295p
  • 二二三 力行奨励規程の設定と其効果 / 297p
  • 二二四 岡山県中津井村なる僧侶の篤志 / 298p
  • 二二五 戸倉村理事者の苦心と良風の馴致 / 299p
  • 二二六 住職の鋭意奨励と副業の発展 / 300p
  • 二二七 戊申詔書の記念と岡山県八浜町の据置貯金 / 301p
  • 二二八 漁村の三厘講と由緒ある神社の再建 / 302p
  • 二二九 夜学会と読本 / 303p
  • 二三〇 乃父の記念奨学会と長野県上諏訪町素封家の篤志 / 303p
  • 二三一 勅語と自治の関係 / 304p
  • 二三二 校長の誠意と農馬の購入 / 308p
  • 二三三 長野県殿城村の少年愛林会 / 309p
  • 二三四 足利時代に創まれる一子相伝の茶筌と其他竹細工の発達 / 310p
  • 二三五 実用的教授と奈良市立女子職業学校 / 312p
  • 二三六 病院の設置と一郡医療機関の整備 / 313p
  • 二三七 千葉県成田町小学生徒の指導標建設 / 314p
  • 二三八 来迎寺村の信用組合と当事者の苦心 / 316p
  • 二三九 校長の深慮と恩露の茶釜 / 317p
  • 二四〇 耕地整理と信用組合との協同実例 / 320p
  • 二四一 勤倹に力めたる青年会 / 322p
  • 二四二 日下部懇話会と美風養成 / 325p
  • 二四三 篤志者の寄附と図書館 / 326p
  • 二四四 質素の風儀保持と静岡県市野婦人会 / 326p
  • 二四五 職工奨励規定と其効果 / 327p
  • 二四六 陸蒸汽と呼ばるる油津の一僧侶 / 328p
  • 二四七 図書館と児童の読むべき書冊の選択 / 329p
  • 二四八 女学生に読ましむべき教科書以外の書籍 / 330p
  • 二四九 崎山村長の覚悟と一村の融和 / 336p
  • 二五〇 村長助役共に藍綬褒章を受けたる良村 / 337p
  • 二五一 静岡県新津村積善講と貯金の利殖払渡 / 338p
  • 二五二 精農と表彰 / 339p
  • 二五三 賭博飲酒の弊を矯めたる青年会 / 340p
  • 二五四 茶畑の裏に建てられたる墓碑と富国の扇 / 341p
  • 二五五 節婦の表彰と一村の風化 / 346p
  • 二五六 青年矯風の努力と三重高津瀬区正義団 / 347p
  • 二五七 愛媛県五十崎村の殖林経営 / 348p
  • 二五八 地方開発を以て自任せる真宗の僧侶加藤無染 / 351p
  • 二五九 三十五箇条目と貯蓄組合 / 352p
  • 二六〇 僧侶夫妻の熱誠と農家良主婦の養成 / 353p
  • 二六一 酒専売法と風紀の矯正 / 354p
  • 二六二 紳士の荷車輓と葡萄園の経営 / 355p
  • 二六三 一握の米と田畑一反六畝余歩の購入 / 356p
  • 二六四 氏神を中心とし遂に義葬墓地をも設けて郷賢祠を造らんとする小学校長 / 357p
  • 二六五 五明文庫長柏木直平の白布呂敷と桐箱の銘 / 358p
  • 二六六 三重県下の口銀制度 / 360p
  • 二六七 倉敷町の日曜講演 / 361p
  • 二六八 篤志者と青年女子の訓育 / 362p
  • 二六九 盲目村長の考案に成れる集金方法 / 363p
  • 二七〇 三重県鞆田村に於ける学童の養蚕実習 / 364p
  • 二七一 青年団体と攻玉会 / 365p
  • 二七二 木通蔓細工の遺利の開発 / 366p
  • 二七三 貧富共同せる労働組合並に矯正会 / 367p
  • 二七四 三重県大長村と大長式農家大福帳の作製 / 368p
  • 二七五 一手組と養老会 / 371p
  • 二七六 素封家盛田氏と小作人信用組合 / 372p
  • 二七七 由緒ある村柄と船講家講 / 373p
  • 二七八 海外出稼に励まされて成りたる夜学校 / 374p
  • 二七九 陋習ある住民の教育と京都市下京区の篤志者 / 374p
  • 二八〇 信用組合と農村の発展 / 377p
  • 二八一 研学と娯楽とを図れる青年会 / 378p
  • 二八二 地方の風化事業と京都府祝園村の篤志者 / 378p
  • 二八三 貯金団体の創設と新潟県金沢村の篤志僧侶 / 380p
  • 二八四 滋賀県岩根村の土砂扞止と植樹事業 / 381p
  • 二八五 水路橋梁の架設と用水費の減少 / 383p
  • 二八六 篤志家の尽瘁と一村の振興 / 384p
  • 二八七 納税の合図に用ふる船越村の太鼓 / 385p
  • 二八八 我邦輸出品に対する海外諸国の加工 / 386p
  • 二八九 自働算盤 / 390p
  • 二九〇 一農夫の工夫に成れる簡易の害虫駆除器 / 391p
  • 二九一 丹精を凝らしたる人髪刺繍仏像 / 391p
  • 二九二 自治経営に全力を傾注せし篤農家 / 393p
  • 二九三 勧業児童隊の隊旗と其の報告用紙 / 394p
  • 二九四 樺太の農産物 / 395p
  • 二九五 千葉県下の養豚事業 / 396p
  • 二九六 実科の教授に重きを置きたる高等女学校 / 397p
  • 二九七 工夫を凝らしたる物産地図 / 398p
  • 二九八 事務の整理を以て名ある宇治村 / 399p
  • 二九九 日向高鍋藩の営葬講創立趣旨書 / 401p
  • 三〇〇 茶顛翁と猿島茶 / 403p

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 地方経営小鑑
著作者等 内務省
書名ヨミ チホウ ケイエイ ショウカン
書名別名 Chiho keiei shokan
出版元 内務省
刊行年月 明43.10
ページ数 406p
大きさ 22cm
全国書誌番号
40020933
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想