福沢翁言行録

藤田長江 編

[目次]

  • 標題紙
  • 目次
  • 伝篇
  • 一。 故山傾け尽す一盞の苦味 / 1
  • 二。 感想空しく揺る流転の風 / 5
  • 三。 白眼一世を観る難波の客 / 8
  • 四。 江戸に遊びて開く一双の眼 / 11
  • 五。 万里鵬翼を張つて胸襟熟す / 12
  • 六。 戦乱関せず一閑叟 / 18
  • 七。 文明築き成す万古の拝殿 / 22
  • 言行篇
  • 一。 白昼徳利を提げて市に走る / 29
  • 二。 手先の器用なる小僧 / 30
  • 三。 寒霄掻巻一枚の修業 / 32
  • 四。 神札を蹂躪し去つて呵々大笑す / 33
  • 五。 お経の文句は天地玄黄 / 37
  • 六。 家老を愚にして原書を写す / 38
  • 七。 碁盤面上の討死 / 41
  • 八。 赤裸々にして奥様に見ゆ / 44
  • 九。 売店の植木屋に所換えを命ず / 47
  • 十。 友を売つて花街に投ず / 49
  • 十一。 御幣担ぎに位牌を授く / 53
  • 十二。 橋上皿を投じて歌舞を止む / 55
  • 十三。 床側を枕に書を抱いて眠る / 57
  • 十四。 日本紙に原書を写す / 59
  • 十五。 二里の道を日参二ヶ月に亘る / 60
  • 十六。 女郎の嗽茶碗に飯を盛る / 62
  • 十七。 外科手術を見て卒倒せんとす / 64
  • 十八。 拝領の羽織を売る / 65
  • 十九。 殿様は我が家に非ず / 69
  • 二十。 兵火の巷に屋を営む / 71
  • 廿一。 上野陥落の日経済学を講ず / 74
  • 廿二。 塾生を叱詫して桐の枕を毀つ / 76
  • 廿三。 暗殺を怖れて遁身の準備を為す / 77
  • 廿四。 七里ヶ浜に百姓を叱す / 79
  • 廿五。 藩の扶持を固辞す / 81
  • 廿六。 十年前の掛捨金を返す / 83
  • 廿七。 笑つて奪ふ百五十両 / 85
  • 廿八。 天下一人の潔白児 / 87
  • 廿九。 老来自ら任ず愛孫の友 / 89
  • 三十。 路傍奇怪なる乞丐と語る / 90
  • 福沢宗の教義
  • 一。 文明の先覚者 / 95
  • 二。 偉大なる平民 / 100
  • 三。 常識哲学 / 105

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 福沢翁言行録
著作者等 藤田 長江
書名ヨミ フクザワ オウ ゲンコウロク
出版元 橋本書店
刊行年月 明41.3
ページ数 112p
大きさ 23cm
NCID BA5542303X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
40018842
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想