英雄のナポレオンの母と家庭 : 教育訓話

満田寛一 著

[目次]

  • 標題紙
  • 目次
  • 其一 レーテイチアの誕生及幼時・ラモリー家とボナパート家・カルロ、デ、ボナパートとの結婚 / 1
  • 其二 コルト市に於けるボナパートの抗儷・ヨゼフ、ボナペーの出生・バステイアの神父 / 7
  • 其三 コルシカ独立戦争に於けるレーテイチア / 10
  • 其四 ナポレオンの誕生と襁褓時代及母の教育法 / 15
  • 其五 コルシカ島の状勢・ボナパート家の住宅・カルロ、ボナパートの性格・マルボエーフ将軍カルロの軽浮心・レーテイチアの美徳 / 21
  • 其六 ヨゼフとナポレオンとの仏国留学・ブリエンヌに於けるナポレオン・レーテチチアの訪問・経済上の困乏・カルロボナパートの易簀 / 29
  • 其七 父の死後ナポレオンより母への手紙・レーティチアの高潔・大僧正ルシアンの死 / 35
  • 其八 愛国者パオリーの帰島・副官ボナパートとコルシカの国民軍 / 40
  • 其九 コルシカ第二回の擾乱・パオリーの追躡・ボナパート家仏国に避難す / 43
  • 其十 仏国に移れる当初・ヨゼフとクラリー嬢・ナポレオン将軍となる・レーテチア及び諸嬢 / 50
  • 其十一 アンチベスの滞在・ルシアンとクリスチネ嬢・ナポレオン徐世宝との結婚・ナポレオン伊太利征途に於て母を訪ふ・徐世宝に宛てたるレーティチアの手紙 / 55
  • 其十二 パウリン嬢とフレーロン・エリザ嬢とバキオキー・伊太利旅行・モンテベルローの滞在・レーティチア郷国に赴く・レーティチアのフラウクラーリーに宛てたる手紙 / 60
  • 其十三 レーティチア仏国に帰る・ナポレオンの埃及遠征・徐世宝とボナパート家の軋轢・離婚問題・ブルーマールの十八日十九日 / 67
  • 其十四 第一コンサル、ルクセンブルグに移る・カロリンとパウリン・レーティチアの質素・ルシアンとナポレオン・ルシアンの第二結婚と追放・レーティチア伊太利に赴く / 71
  • 其十五 帝政時代に於けるレーティチア / 75
  • 其十六 ルイ、ボナパートとホルテンス、ボーハルネー・皇帝勢力絶巓に近く・ジェローメとエリ、ザベス、ハテルソン / 90
  • 其十七 ナポレオンと法王・徐世宝の離婚 / 95
  • 其十八 ナポレオンとマリールイゼとの結婚・新皇后と姑との事情 / 103
  • 其十九 ナポレオンとホーランド王・羅馬王の誕生 / 109
  • 其二十 ウェストフハリアのカタリナと彼女の姑・帝国傾頽の際に於けるレーティチア / 116
  • 其二十一 母に宛てたるジェローメの手紙・ヨゼフとナポレオンの和解・帝国の失墜・ブローアへ出発す・レーティチア羅馬へ赴く / 121
  • 其二十二 レーティチアとエルバ島に於ける皇帝 / 130
  • 其二十三 百日の夢・マルマイソンに於ける訣別 / 140
  • 其二十四 レーティチア再び追放の身となる・ムラーと彼の運命・カロリン及び他の子供等に対するレーティチアの関係・彼女の欧洲の君主に向ての呼号・副王ユーリーへの手紙 / 147
  • 其二十五 ナポレオンの虐遇に対する皇帝の母・マリールイゼ墺国皇帝・ライヒスタツト公 / 158
  • 其二十六 セントヘレナに於けるナポレオン・レーティチア皇帝の訃報を受く・オートマルキーナポレオンの母を訪問す・バウリン、ボルゲーゼの死 / 162
  • 其二十七 羅馬に於ける生活・レーティチア腰を挫く・彼女明を失ふ・ナポレオンの立像パリに再建せらる / 172
  • 其二十八 伯爵プロケュシユ、オステンの訪問・ライヒスタット公の死・レーチィチアに宛てたるマリー、ルイゼの手紙 / 182
  • 其二十九 諸孫の死去・彼女の讃歌・彼女の仏国追放停止の願望・彼女の答・仏国人彼女を訪問して其肖像及び住館を描写す / 188
  • 其三十 ウエストフハリアのカタリナ死す・レーティチアの生命終りに近づく・彼女の死と其遺言・其死骸コルシカに埋葬せらる / 195

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 英雄のナポレオンの母と家庭 : 教育訓話
著作者等 満田 寛一
書名ヨミ エイユウ ノ ナポレオン ノ ハハ ト カテイ : キョウイク クンワ
出版元 広文堂
刊行年月 明39.6
ページ数 202p 図版
大きさ 23cm
NCID BA45104545
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
40019298
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想