シャルンホルスト将軍伝  前編

ハインリッヒ・クリッペル 編 ; 陸軍省 訳

[目次]

  • 標題紙
  • 目次
  • 第一章 シヤルンホルスト氏孛国ノ軍職ニ就キシヨリ(千八百一年)チルジットノ講話ニ至ル(千八百七年) / 1p
  • シヤルンホルスト氏ハンノーウェル国ノ陸軍ヲ辞シ孛国ノ招ニ応シテポッツダム城ニ赴ク
  • 孛王フリードリッヒ、ウキルヘルム及ヒ近臣
  • シヤルンホルスト氏砲兵第三聯隊附中佐ニ任シ陸軍大学校教官ニ補セラル
  • シヤルンホルスト氏伯林ニ赴任ノ職ニ就ク
  • テムベルホーフ将軍
  • 孛国陸軍殊ニ将校間ニ現ハレタル当時ノ気象
  • シヤルンホルスト氏伯林ニ家ヲ移ス
  • 郷里ニ贈リタル書翰及ヒ記文
  • 第二章 / 30p
  • 孛国兵学校ニ遺セルフリートリッヒ大王ノ偉勲
  • シヤルンホルスト氏孛国陸軍大学校ニ於テ青年士官ヲ教育ス
  • シヤルンホルスト氏陸軍大学校長
  • シヤルンホルスト氏新陸軍大学校青年士官養成案並ニ伯林兵学講習所設立案
  • 千八百一年乃至四年
  • 第三章 / 44p
  • 伯林軍事恊会ノ創立組織及ヒ規則
  • 同会ニ対スルシャルンホルスト氏ノ尽力及ヒ勢力
  • シヤルンホルスト夫人及ヒ末女ヱミリーノ死去
  • 千八百二年乃至千八百五年
  • 第四章 / 126p
  • アミアン講和後ニ於ケル欧洲一般ノ政况
  • 仏軍ノ横暴定策侯国ハンノーウエルヲ占略ス
  • 仏軍ノ占領ニ因テ◇フレルハンノーウヱル及ヒ北独諸国ノ困難
  • シヤルンホルスト氏ノ憂国ノ感情
  • シヤルンホルスト氏孛国ノ貴族ニ列セラル
  • シヤルンホルスト氏砲兵聯隊附ヲ免セラレ参謀部ニ転ス
  • シヤルンホルスト氏大佐ニ任シ参謀次長ニ補セラル
  • 千八百二年乃至千八百五年
  • 第五章 / 149p
  • シヤルンホルスト氏ノ服セル参謀部ノ職務及ヒ其事業
  • 仏国ニ対スル孛国ノ施政方針一定セス国勢頓ニ一変ス
  • 出師準備及ヒ孛露墺三国ノ同盟
  • 孛国ハンノーウエルヲ以テ保護国トス
  • シヤルンホルスト氏ハンノーウエル及ヒボルテナウニ旅行ス
  • アウステルリッツ会戦ノ前後ニ於ケル孛王ノ危急
  • ハンノーウエル国ノ占領ニ就テナボレオント条約ヲ締盟ス
  • ナポレオンノ専横及ヒ伯林人士ノ激昂
  • 対露ノ交情親密ニ赴ク
  • 孛国ノ出師準備及ヒ進軍ノ緩慢
  • シヤルンホルスト氏ブリユツヘル将軍ノ率◇タル軍団ノ参謀次長トナリゲッチンゲン市ニ滞在シ更ニブラウン◇ワイヒ公ノ◇下ナル本軍ニ転ス
  • 第六章 / 199p
  • シヤルンホルスト氏ナウンブルヒノ本営ニ於テ職ヲ執ル
  • ブラウンシワイヒ公ノ同意
  • 孛王軍ニ臨ム
  • 本営ヲヱルフルトニ移ス
  • 軍議
  • 宣戦令ノ発布
  • 彼我両軍ノ兵数及組織
  • シライツ附近及ヒサールフヱルヘルト附近ノ戦闘
  • ヱーナ及ヒマウヱルステット附近ノ会戦
  • シヤルンホルスト氏前顕ノ会戦ニ臨ム
  • 孛軍諸隊ノ解散及ヒ遁走
  • 千八百六年九月下旬ヨリ翌十月十五日ニ至ル
  • 第七章 / 255p
  • ノルドハウゼンニ於ケルシヤルンホルスト氏ノ功労
  • シヤルンホルスト氏ブリユツヘル氏ト結托ス
  • 砲兵ブリユツヘル氏部下ノ護送ニ依リハルツ山麓ヲ迂回シヱルべ河畔ニ行軍ス
  • ヱルベ河ノ渡渉
  • プレンツラウ附近ニ於ケルホーヘンローヘ侯ノ降約
  • ワイマル公ノ諸隊ブリユツヘル氏ノ部下ニ合ス
  • ブリユツヘル氏部下ヲ率イテメクレンブルヒ軍ノ中間ヲ通過ス
  • リユベツク府内外ノ会戦
  • シヤルンホルスト氏ノ捕虜及ヒ交換
  • ラトカウ市ニ於ケルブリユツヘル氏ノ降約
  • 千八百六年十月十六日乃至十一月七日
  • 第八章 / 296p
  • シヤルンホルスト氏ハンブルヒ府ニ滞在ス
  • 感慨ニ堪ヘサル同意
  • シヤルンホルスト氏ハムブルヒ府ヲ発シキール、ロストック、アンクラム及ヒダンチヒノ諸市ヲ経テケーニクスベルヒニ旅行ス
  • シヤルンホルスト氏ケーニクスベルヒニ到ル
  • シヤルンホルスト氏家族ニ書簡ヲ贈ル
  • シヤルンホルスト氏孛王ニ謁ス
  • 軍隊編制ノ新案
  • 千八百六年十一月中旬乃至翌千八百七年一月中旬
  • 第九章 / 334p
  • シヤルンホルスト氏レストック将軍ノ本営ニ至ル
  • 該本営ニ於ケルシャルンホルスト氏ノ措置
  • 孛国領ヱイテウノ会戦
  • シヤルンホルスト氏前顕ノ会戦ニ臨ム
  • シヤルンホルスト氏武勲勲章ヲ受領ス
  • ヱイラウ会戦後ノ形勢
  • レストック将軍トノ軋轢
  • メーメルニ至リ孛王ノ左右ニ侍ス
  • チルジット講和談判
  • 千八百七年一月乃至七月
  • 上篇附録
  • 第一号 陸軍大学校条例及ヒ教則並ニ伯林兵学講習条例及教則 / 387p
  • 第二号 千八百三年一月修正伯林軍事恊会則及ヒ条規摘要 / 421p
  • 第三号 千八百三年四月廿七日ハンノーウヱル出発ノ際倫敦政府ニ呈出セルワルモーデン将軍ノ意見書 / 434p
  • 第四号 千八百三年五月十一日ハンノーウエルニ於テ同定策侯国ノ国務大臣及ヒ内閣大臣ニ呈出セル◇ルモーデン将軍ノ意見書 / 440p
  • 第五号 シヤルンホルスト氏ニ贈レル中佐フリードリッヒ、フオン、デルデツケンノ書翰 / 446p
  • 第六号 在ハンノーウヱル府ノウイルヘルム、シヤルンホルスト氏カ其兄在伯林ノシヤルンホルスト大佐ニ贈リタル書翰 / 460p
  • 第七号 孛王フリードリッヒ、ウイルヘルム第三世ノ勅諭 / 463p
  • 第八号 ブリユツヘル将軍ノ部下軍団ノ作戦ニ関スル報告(シヤルンホルスト氏代草ス) / 465p
  • 第九号 千八百六年十一月六日リユベツク府内外ノ交戦ニ関スルブリユツヘル軍団ノ参謀官某氏ノ報告書(シヤルンホルスト氏之ヲ草ス) / 477p
  • 第十号 シヤルンホルスト氏ニ賜ヘタルハインリツヒ親王ノ書翰 / 482p

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 シャルンホルスト将軍伝
著作者等 Klippel, Georg Heinrich
陸軍省
ハインリッヒ・クリッペル
書名ヨミ シャルンホルスト ショウグン デン
書名別名 Sharunhorusuto shogun den
巻冊次 前編
出版元 偕行社
刊行年月 明32.7
ページ数 2冊 (482, 976p)
大きさ 22cm
NCID BA91206181
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
40019251
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想