武田耕雲斎

干河岸貫一 著

[目次]

  • 標題紙
  • 目次
  • 第一 水戸家の由来 / 1p
  • 第二 水戸家の家督を定むるに就て藩論両派に分る / 5p
  • 第三 幕府と水戸侯との関係 / 10p
  • 第四 幕府景山公を起して国事に参せしむ / 18p
  • 第五 将軍家養君を定むるに就て議論二派に分る / 24p
  • 第六 景山公再び閉居を命ぜらる / 28p
  • 第七 勅諚を水戸中納言に下し賜ふ / 31p
  • 第八 安政戊午の大獄の結果景山公永蟄居を命ぜらる / 36p
  • 第九 水戸浪士井伊大老を桜田門外に刺す / 44p
  • 第十 桜田事変に就て塩谷宕陰上書の摘要 / 48p
  • 第十一 烈公薨じて後正義党衰ふ / 56p
  • 第十二 水戸浪人上総地方に跋扈す / 59p
  • 第十三 水戸浪士英人旅館東禅寺に乱入す / 65p
  • 第十四 徳川慶喜公再び一橋家を継ぎ将軍の後見となる / 69p
  • 第十五 武田伊賀守(耕雲斉)一橋侯に随て上京す / 80p
  • 第十六 水戸の正義党漸く運動を始む / 82p
  • 第十七 正義党の士小栗村に勢揃をなす / 86p
  • 第十八 水戸浪士日光に到り太平山に屯す / 89p
  • 第十九 市川三左衛門江戸邸に着す武田伊賀守国蟄居を命ぜらる / 94p
  • 第二十 幕府水戸浪士追討の兵を出す目代の大失敗 / 99p
  • 第廿一 市川三左衛門国蟄居となりて水戸城に拠る / 106p
  • 第廿二 正義党御老中太田道淳の邸に強迫す / 109p
  • 第廿三 幕府再び浮浪追討使を発す / 112p
  • 第廿四 水戸侯名代松平大炊頭切腹せしめらる / 116p
  • 第廿五 幕府の軍大挙して我軍利あらず / 124p
  • 第廿六 武田伊賀守館山を去る及び其行装 / 131p
  • 第廿七 武田伊賀守の一行中山道に向ふ / 137p
  • 第廿八 信州諸藩出兵の景況及び和田峠の戦争 / 144p
  • 第廿九 武田伊賀守一行四面より囲まる / 152p
  • 第三十 武田耕雲斉一行加州の軍門に降る / 157p
  • 第卅一 武田正生より一橋侯に呈せし建言書及び始末書 / 162p
  • 第卅二 五諸侯連署して水戸浪士助命の事を天朝に懇願す / 170p
  • 第卅三 武田田丸等三百余人斬罪又は死刑に処せらる / 173p

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 武田耕雲斎
著作者等 干河岸 貫一
書名ヨミ タケダ コウウンサイ
書名別名 Takeda kounsai
出版元 青木嵩山堂
刊行年月 明36.6
ページ数 180p
大きさ 16cm
NCID BA34965238
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
40018584
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想