西郷従道

安田直 著

付: 西郷隆盛と藤田東湖 (海江田信義)

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 標題紙
  • 目次
  • 青年時代(其一) / 1
  • 青年時代(其二) / 1
  • 老西郷と慎吾(其一) / 2
  • 老西郷と慎吾(其二) / 3
  • 老西郷と慎吾(其三) / 4
  • 老西郷と慎吾(其四) / 5
  • 老西郷と慎吾(其五) / 5
  • 貧居の半面 / 6
  • 寡黙 / 6
  • 慎吾ドンの髪結ひ / 7
  • 冒険と危語 / 7
  • 死にたくない / 8
  • 女房に貰いたい / 9
  • 奇策行はれず / 9
  • 九死の一生 / 11
  • 五郷を迎ふ / 11
  • 大働き / 12
  • 上野と越後口 / 12
  • 侯が名初めは寥寥 / 13
  • 侯と山県侯 / 13
  • 侯と算盤 / 13
  • 其師 / 14
  • 其名 / 14
  • 慎吾と小兵衛 / 14
  • 奇答大山を怒らす / 15
  • 挿花 / 15
  • 洋行と警察制度 / 16
  • 小便に窮す / 16
  • 天真爛漫 / 17
  • 征台の役(其一) / 17
  • 征台の役(其二) / 19
  • 亀山営 / 20
  • 井水 / 20
  • 張氏未亡人 / 21
  • 蕃女 / 21
  • 琉球人の墳墓 / 22
  • 拝賜の遺物 / 22
  • 威徳 / 23
  • 腕環 / 24
  • 神サマ / 24
  • 談判所 / 25
  • 西郷さんなら / 25
  • 雲隠れ / 26
  • 南洲と最後の面唔 / 27
  • 侯と李中堂 / 27
  • 奇問李爺を困らす / 28
  • 丁丑の変 / 29
  • 漠然主義 / 30
  • 比公を驚す / 30
  • 酒と女 / 31
  • ボンヤリ / 31
  • 後進を誘掖す / 32
  • 眼識あり / 32
  • 前代議士を愚にす / 33
  • 九太夫的 / 34
  • 再び副使と為る / 34
  • 然諾を重ず / 35
  • 応対に二様あり / 36
  • 侯と黒田伯 / 36
  • 侯と樺山伯 / 38
  • 侯と佐々友房 / 38
  • 都都逸 / 39
  • 面火の如し / 39
  • 大火中に眠る / 39
  • 貧乏徳利 / 40
  • 私が総理大臣 / 40
  • 心配させるな / 40
  • 薩閥の首長 / 41
  • 風流 / 41
  • 洒落 / 42
  • 兄に及ばず / 43
  • ハイカラをヘコマス / 43
  • 壮士を挫く / 44
  • 国民協会 / 45
  • 発会式 / 45
  • 党員を戒しむ / 46
  • ドヴにか成らう / 46
  • 記憶 / 47
  • 白根と井上 / 47
  • 追手に捕はる / 47
  • 驚愕演説 / 48
  • 台湾お里 / 48
  • 謙譲 / 50
  • 家庭 / 50
  • 美風 / 50
  • 悪戯 / 51
  • 麦酒を呼ふ / 51
  • 陸奥の保証 / 52
  • 馬鹿か利巧か / 52
  • 成程侯爵 / 53
  • 腹を剜る / 53
  • 肥し演説 / 54
  • 米五郎左 / 54
  • 学堂呆然 / 55
  • 君とアナタ / 55
  • 豊島の一発 / 56
  • 悪謔伊侯に戯る / 56
  • 板隈両伯閉口す / 57
  • 号令演説 / 57
  • 香川の令嬢 / 57
  • 交際 / 58
  • 賤婦の護衛 / 59
  • 蕃女を抱て飲む / 59
  • 元田を罵倒す / 59
  • 大隈伯の苦笑 / 60
  • お口開きを / 60
  • 己を知る / 61
  • 吶弁 / 61
  • 愛嬌 / 63
  • 大嫌ひ / 63
  • 猟の楽み / 63
  • 侯と福沢翁 / 64
  • 侯のお給仕 / 64
  • 惰容なし / 64
  • 侯と大山侯 / 65
  • 那須野の別荘 / 65
  • 目黒の邸宅 / 66
  • 故旧に厚し / 67
  • 最後 / 67
  • 侯の略歴 / 69
  • 附録

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 西郷従道
著作者等 安田 直
書名ヨミ サイゴウ ツグミチ
出版元 国光書房
刊行年月 明35.11
ページ数 76, 44p
大きさ 23cm
NCID BA42851121
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
40018410
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想