十一月の扉

高楼方子 作

二か月だけ「十一月荘」で下宿生活をすることになった中学二年生の爽子は、個性的な大人たちや妹のようなるみちゃんとの日々、そして、「十一月荘」で出会った耿介への淡い恋心を物語にかえて、お気に入りのノートに書きはじめる。「迷うことがあっても、十一月なら前に進むの。」閑さんの言葉に勇気づけられ、爽子は少しずつ、考えるのをさけていた転校後の生活にも、もっと先の未来にも、希望を感じられるようになってゆく。中学生向け。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 十一月の扉
著作者等 千葉 史子
高楼 方子
書名ヨミ 11ガツ ノ トビラ
書名別名 11gatsu no tobira
シリーズ名 講談社青い鳥文庫 Y3-1
出版元 講談社
刊行年月 2011.6
ページ数 412p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-285216-6
NCID BB06174592
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21943496
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想