「精神主義」は誰の思想か

山本伸裕 著

清沢満之が晩年に唱導したとされる思想「精神主義」とは、いかなる思想だったのか-。従来清沢のものと見なされてきた晩年のテキストの一つ一つに分析のメスを入れるとともに、弟子たちによって書き残されている回想文や清沢の書簡などの二次資料をもとに、「精神主義」と呼ばれてきた思想の謎と本質に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 清沢満之と『精神界』(「宗教的信念の必須条件」をめぐって
  • 批判の嚆矢 ほか)
  • 第2章 「雑誌『精神界』所収論文」を検証する(『精神界』分析のための視点
  • 各論の分析および考察 ほか)
  • 第3章 それぞれの「精神主義」(暁烏敏の文と思想
  • 多田鼎の文と思想 ほか)
  • 第4章 清沢満之の「精神主義」-暁烏敏との関係を中心に(「精神主義」再考にあたって
  • 清沢満之と暁烏敏-師弟の出会い ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「精神主義」は誰の思想か
著作者等 山本 伸裕
書名ヨミ セイシン シュギ ワ ダレ ノ シソウ カ
書名別名 Seishin shugi wa dare no shiso ka
シリーズ名 日本仏教史研究叢書
出版元 法蔵館
刊行年月 2011.6
ページ数 205p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-8318-6040-8
NCID BB05932108
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21944668
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想