暗夜行路  前篇

志賀直哉 著

祖父と母との不義の子として生まれた宿命に苦悩する人主公時任謙作は、単身、尾道に向い、千光寺の中腹の家を借り、一人住いを始める。しかし、瀬戸内海の穏やかな風光も、彼の心に平安をもたらさない。長年月を費してなった志賀直哉唯一の長篇。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次
  • 序詞 / 9
  • 第一 / 23
  • 第二 / 161

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 暗夜行路
著作者等 志賀 直哉
書名ヨミ アンヤ コウロ
シリーズ名 岩波文庫
巻冊次 前篇
出版元 岩波書店
刊行年月 昭和26 13刷
版表示 改訂
ページ数 2冊
大きさ 15cm
ISBN 4003104641
NCID BA67009231
BN06051928
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
51002042
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想