小楠公 : 少年亀鑑

谷口流鶯 著

[目次]

  • 標題紙
  • 目次
  • 忠臣の舌鋒侫人の胸を貫く
  • 孝子の胆に銘す桜井駅の遺訓
  • 懦夫も立ち怯者も拳を握る湊川合戦の注進
  • 杜鵑も血を吐かん愛情の村雨
  • 散りかかる花の吉野に生ゐる栴檀の二タ葉
  • 忠義の一言は金城鉄壁より堅し
  • 泰山前に崩るるも動かぬ正行が胆勇
  • 賢主の諫に従ふこと流れに従ふがごとし
  • 俗漢内裏の花を手折らんとす
  • 一首の歌もて袖うち払ふ花吹雪
  • その名も香はしき菊水の旗挙げ
  • 秋水一閃人をして胆寒からしむ
  • 前門の虎を逃れて後門の狼に噛まる足利勢
  • 忠義の功績は大君も知し召す正行の昇殿
  • 虎穴に入て虎子を得んとす京都の夜討ち
  • 忠義の太刀風に朝敵死地に陥つ
  • ろの威徳には草木も靡く菊水の旗風
  • 良薬口に苦し正行の諫言
  • 花時風雨多し正行の多病
  • 虎狼の餌に与へよ国家の鼠賊
  • 瓦となつて全たからず玉と成て砕けん正行の心事
  • 血涙万行の中に在り正行戦論
  • 百万の朝敵菊水の旗を望んで顔色なし
  • 芳名千載朽ちず如意輪堂の詠歌
  • 屍は山となり血は川となる四条畷の激戦
  • 無惨なり四条畷の落花狼籍
  • 悲憤涙注ぐ菊水の余波

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 小楠公 : 少年亀鑑
著作者等 谷口 政徳
谷口流鶯
書名ヨミ ショウナンコウ : ショウネン キカン
出版元 金松堂
刊行年月 明26.4
ページ数 149p
大きさ 19cm
全国書誌番号
40018310
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想