炭鉱王 : 貝島太助翁成功談

高橋光威 著

[目次]

  • 標題紙
  • 目次
  • 第壱章 緒言 / 1
  • 一節 実業!実業! / 1
  • 二節 専念勤勉は成功の基なり / 4
  • 三節 仁愛、孝慈、統御の才 / 6
  • 四節 炭鉱王の収益年々七十万円 / 8
  • 第二章 貝島君の幼時 / 10
  • 一節 七歳の野菜売、九歳の坑夫 / 10
  • 二節 母親の慈悲、父親の愁嘆 / 13
  • 三節 鍛冶屋に弟子入し又寺に奉公す / 17
  • 第三章 坑夫時代 / 23
  • 一節 貧苦に迫つて復た坑夫と為る / 23
  • 二節 生涯の一大奇禍 / 25
  • 三節 棉打職人と為る / 29
  • 四節 賭博に身を焦す / 32
  • 五節 餓虎の窮態、土方人足となる / 38
  • 六節 寄利を獲て妻を迎ふ / 44
  • 第四章 頭領時代 / 46
  • 一節 豊前の炭鉱へ頭領に雇はる / 46
  • 二節 論争して慨然豊前を去る / 50
  • 三節 奮て独立事業を企つ / 53
  • 四節 失敗して復た雇人と為る / 55
  • 第五章 小鉱主時代 / 58
  • 一節 再び独立して暴利を獲 / 58
  • 二節 新機械を輸入して失敗す / 62
  • 三節 又々一家離散の苦を見んとす / 66
  • 四節 知己に感じて逐天を思止る / 68
  • 第六章 経営惨憺の時代 / 73
  • 一節 一弟は死し一弟は明を失ふ / 73
  • 二節 大に鉱区を拡張す / 77
  • 三節 借財山積の際に一大邸宅を築く / 79
  • 四節 苦心惨憺寝食を安ぜず / 81
  • 第七章 幸運漸く到来す / 83
  • 一節 思掛なく救の神に遇ふ / 83
  • 二節 井上伯の義侠、柏木氏の親切 / 86
  • 三節 奇妙なるは幸運の到来なり / 90
  • 四節 故樟又起る、井伯愈々肌を脱く / 93
  • 五節 一度は浮み忽ち又沈む / 98
  • 六節 喜憂交々至る / 104
  • 第八章 成功得意の時代 / 106
  • 一節 一攫万金身辺雲を起す / 106
  • 二節 驚くべき盛大の事業 / 109
  • 三節 独力鉄道、電話を敷設す / 115
  • 四節 大に功労者を賞す / 118
  • 五節 胆気剛勇襟度濶大 / 121
  • 六節 家庭の繁栄と慈善 / 122
  • 七節 君か人物と成功の素因 / 125

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 炭鉱王 : 貝島太助翁成功談
著作者等 高橋 光威
書名ヨミ タンコウオウ : カイジマ タスケ オウ セイコウダン
出版元 博文館
刊行年月 明36.5
ページ数 158p
大きさ 24cm
NCID BA58259894
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
40018203
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想