フィールドワーカーズ・ハンドブック

日本文化人類学会 監修 ; 鏡味治也, 関根康正, 橋本和也, 森山工 編

未踏の現実に飛び込んで、仮説を創発するフィールドワーク。出発前の下準備から現地でのインタビュー法、デジカメ活用術、さらには論文に仕上げるコツまで、具体的な技法と根本的な思想を公開。この本を持って、フィールドに出よう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 文化人類学とフィールドワーク
  • 第1部 出発(フィールドワークへの招待-写真観察法
  • 一日フィールドワーク
  • 国内フィールドワーク
  • 海外フィールドワーク)
  • 第2部 方法(データの取り方(1)聞き取りをする
  • データの取り方(2)体得する
  • データの取り方(3)メディアを通じて集める
  • フィールドデータの整理と統合
  • フィールドワークと作品化)
  • 第3部 現場(開発現象のフィールドワーク
  • 災害のフィールドワーク
  • メディアとフィールドワーク)
  • むすび 人類学的フィールドワークの原液

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フィールドワーカーズ・ハンドブック
著作者等 日本文化人類学会
森山 工
橋本 和也
鏡味 治也
関根 康正
日本民族学会
書名ヨミ フィールドワーカーズ ハンドブック
書名別名 Fieldworkers handbook

Firudowakazu handobukku
出版元 世界思想社
刊行年月 2011.6
ページ数 308p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7907-1526-9
NCID BB05779576
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21935824
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想