仏国史(具氏)  上冊

エー・ジー・グードリッチ 著 ; 漢加斯底爾 (ファンカステール) 訳

[目次]

  • 標題紙
  • 目次
  • 緒言 現今ノ状勢 / 1
  • 第一篇 仏国往古ノ民俗 / 11
  • 第二篇 羅馬人仏国ヲ略奪セシ事 / 14
  • 第三篇 フランクスガ羅馬人ヲ仏国ヨリ攘除セシ事、フハラモンクロヂオンメロベウ、長髪ノ王族、ジルデリックノ事跡、王クロヴィー其后クロチルレノ為ニ耶蘇教門ニ入リシ事、及霊壷 / 16
  • 第四篇 王クロヴイーノ迷誤、サリックノ法、王ト兵卒トノ事 / 21
  • 第五篇 先王クロヴィーニ嗣キシメロヴァジヤン朝ノ諸王、メール、ジュパレー及フェ子アンノ事歴 / 25
  • 第六篇 メロヴァジヤン時代ノ再説 / 30
  • 第七篇 王ベパン、ル、ブレッフノ紀 / 36
  • 第八篇 王シヤールマギュノ紀上 / 38
  • 第九篇 王シヤールマギュノ紀下、並ニ諾耳曼種族 / 44
  • 第十篇 王シヤールマギュノ殂落、及其葬礼 / 47
  • 第十一篇 路易、ル、デボネールノ紀 / 50
  • 第十二篇 王シヤル、ル、ショーヴノ紀、並ニ仏国ノ言語 / 53
  • 第十三篇 封建制度上 / 56
  • 第十四篇 封建制度下 / 59
  • 第十五篇 諾耳曼ノロロー居ヲ仏国ニ定ム、及巴里ノコーント威権王ニ過越セシコト / 63
  • 第十六篇 シヤールマギュノ嗣統仏国ノ王位ヲ失ヒシコト / 68
  • 第十七篇 カロヴァジヤン統ノ記 / 72
  • 第十八篇 仏国ヒューゴ、カツペイニ管轄セラレシ事 / 78
  • 第十九篇 紀元一千年代ノ文字 / 81
  • 第二十篇 人民世界尽崩滅ノ説、並ニ王ロベール教門ヨリ逐ハル / 85
  • 第二十一篇 新ニ服制ヲ定ム、並ニ王ロベールノ記 / 88
  • 第二十二篇 王顕理第一世ノ在位、並ニモスコヴィー(即魯国)ニ求ムル事 / 91
  • 第二十三篇 シワルリー法ノ権与 / 95
  • 第二十四篇 シワルリーノ法立定セシ以来民人ノ得失 / 101
  • 第二十五篇 第一世フィリップ諾尓曼泥侯ギョーム、ル、コンケランヲ忌ム / 103
  • 第二十六篇 十字役 / 106
  • 第二十七篇 十字党ノ発起、並ニ二将ピエール、ソルミット、ゴーチェー前軍ヲ帥井ヲ発ス、十字党遂ニ霊地ニ達スルヲ得ス / 111
  • 第二十八篇 十字役ノ一並ニゼルサレム都ノ創立 / 115
  • 第二十九篇 タンプリエー党及サンジヤン党ノナイト、並ニ児童ノ十字役 / 119
  • 第三十篇 第一世フィリッブ治世中仏国不幸ニ係ル / 122
  • 第三十一篇 第六世路易王ノ治世、並ニ民人良化ニ進歩スルノ情勢 / 125
  • 第三十二篇 英国太子ウィリヤムノ殂 / 130
  • 第三十三篇 オーリフラムヲ以テ国旗ト為ス、並ニ仏国王子豕豚ノ害ニ死ス / 133
  • 第三十四篇 当時仏国文化ノ進歩並ツルーバヅール及クールダムールノ権興 / 137
  • 第三十五篇 第七世路易ノ治世、並第二次十字役 / 144
  • 第三十六篇 第二次十字役ノ二 / 148
  • 第三十七篇 第七世路易王代ノ民俗 / 153
  • 第三十八篇 第七世路易ノ無道、並王ソマスアベケット堂ニ詣ル及殂落 / 155
  • 第三十九篇 第二世フィリップ即オーギュスト称セラルル者ノ治世、巴里府ノ更新 / 159
  • 第四十篇 英王リチオールド、ゼ、ライオン、ハーテット王フィリップト共ニ第三十字役ヲ起ス、リチオールド幽囚セラル、並史丹サラダンノ事跡 / 164
  • 第四十一篇 第四次十字役、並ウィニシヤニ於テ十字党結約スル所アリテ大ニ窘困ス / 171
  • 第四十二篇 第四次十字役ノ二、並コンスタンチノープル府陥ル / 175
  • 第四十三篇 王フィリップ茲ニ諾耳曼泥州ヲ陥没シ並プヴィンニ会戦ス / 178
  • 第四十四篇 十字党アルビジュワー人ト戦フ、並仏人英国ニ入冦ス / 182
  • 第四十五篇 王フィリップ、オーギュストノ世ニ当テ専ファーブリョ及ロマーンスヲ以テ文字ト為ス、並第五次十字役 / 186
  • 第四十六篇 第八世路易在位数年ニシテ殂シ妃ブランシュ政ヲ摂ス / 190
  • 第四十七篇 后ブランシュ囚ノ為ニ獄舎ヲ毀ツ、並王第九世路易ノ性 / 193
  • 第四十八篇 第六次十字役、並王サン、路易擒トナリ贖金ヲ以テ才カニ脱カル / 196
  • 第四十九篇 王サン、路易治世事跡ノ二、王廉直ヲ好ム、並巴里府巴拉門庁及リードジュスチッス / 201
  • 第五十篇 第七次十字役、並王サン、路易ノ殂 / 204
  • 第五十一篇 公シュワンウィールノ伝 / 207
  • 第五十二篇 第三世フィリツブ、ル、ハルディーノ伝、鑷工ビエードル、ラ、ブロッス后ヲ妬ミ仏王ニ讒ス / 211
  • 第五十三篇 犯罪ヲ糾弾判決スルニ神托ニ依リ及試責ト闘争ノ勝敗トヲ以テス / 215
  • 第五十四篇 レヴュブル、シシリエーンノ挙、並王フィリップ、ロバルディーノ殂 / 220
  • 第五十五篇 仏王フィリップ、ル、ヘルノ用度制法 / 223
  • 第五十六篇 王フィリップノ不信義、フランドル州民ト戦ヒ仏軍敗走ス / 228
  • 第五十七篇 タンプリエーノ衰滅 / 232
  • 第五十八篇 ド、ツール、ノアー / 236
  • 第五十九篇 仏国貴族ノ驕傲、エタゼネローヲ起ス / 242
  • 第六十篇 第十世路易ノ殂、憲法ル、ワーサックヲ用イル、猶太民常ニ厄害ニ遭フシヤル、ル、ベルノ伝、花ヲ与ヘテ詩ヲ賞スル戯 / 246
  • 第六十一篇 第六世フィリップ、ド、ワロワーノ伝、英王エドワルド、グイエーン一州ヲ受ケ仏王ニ礼謁ス、ド、モンフォールノコウンテッスノ勇敏 / 251
  • 第六十二篇 英兵クレシーニ軍ス、仏王更ニガベールノ制ヲ出ス、英国始テ大統ヲ造ル / 256
  • 第六十三篇 英軍カレー都ヲ攻撃ス、並カレー都ノ六傑ノ記 / 259
  • 第六十四篇 仏国太子ヲ称シテ例ニドファンド称ス、及ボワチェーノ役ブラック、プリンスノ温恭 / 263
  • 第六十五篇 土冦ジャクリーノ役 / 267
  • 第六十六篇 英王エドワルド仏国ト和ヲ講ス、並仏王ジヤンノ貴重スヘキ行跡 / 270
  • 第六十七篇 巴里府下日ヤノ景状、諸国民ノ品行、占星学 / 273
  • 第六十八篇 第五世シヤル綽号ロサージノ事跡、巴里府ノ文庫、コンスターブル、デュ、ゲクラーノ伝 / 276
  • 第六十九篇 シヤル、ハサージノ時文学画学、並王シヤル自家ノ生計 / 281
  • 第七十篇 千三百年代婦女教育ノ一 / 285
  • 第七十一篇 千三百年代婦女教育ノ二 / 289
  • 第七十二篇 第六世シヤル綽号ビヤンエメーノ事跡 / 292
  • 第七十三篇 ミステール及モラリテーノ演劇ノ記 / 295
  • 第七十四篇 仏人英国ヲ伐タントシテ奇異ノ備ヲ為ス、王シヤル、ロビヤンニーノ可悋事跡 / 299
  • 第七十五篇 アシヤンクールノ役、牌戯ノ仏国ニ入ル / 304
  • 第七十六篇 第七世シヤル綽号ヴィタトリヨ並オルレヤンノ処女事跡ノ一 / 308
  • 第七十七篇 オルレヤンノ処女事跡ノ二 / 312
  • 第七十八篇 オルレヤンノ処女ノ刑死、及仏王シヤル巴里府ニ還ル、並仏国飢饉疫癘ニ罹ル / 317
  • 第七十九篇 仏国太子ノ暴行、シヤル、ロ、ヴィタトリヨノ死亡、並異様ノ衣服 / 320
  • 第八十篇 第十一世路易ノ事跡、並ニ貴族輩人民ノ公権ヲ起サン事ヲ謀ル / 324
  • 第八十一篇 ブルゴンヤ州ノ事、王路易シヤル、ロ、テメレールニ囚虜セラル、並王路易ノ姦計ニ従フ者至当ノ罰ヲ受タ / 328
  • 第八十二篇 第十一世路易英王第四世エドワルドト会盟、並瑞西国ノ事 / 333
  • 第八十三篇 ブルゴンヤ侯ノ女マリーノ不幸 / 338
  • 第八十四篇 第十一世路易ノ怪誕、及捕鼠歌舞等ノ游戯 / 341
  • 第八十五篇 仏王第八世シヤル綽名デ、ボネールノ事、並アンド、ボージョー仏国ヲ摂管ズ、王シヤルプリタンヤノ嫡女ヲ娶ル / 347
  • 第八十六篇 王シヤル以太里国ヲ攻メ速ニ其功ヲ成ス、及旋軍、フオルノバノ戦勝 / 352
  • 第八十七篇 仏王シヤル、デ、ボネール行軍ノ変化、並其死其品行 / 358
  • 第八十八篇 第十二世路易綽号ル、ペール、デュ、ボープルノ治世、及賢相カルディナル、ダンボワーズノ事、並アンノ、ド、ブレターギュ后ノ事 / 361
  • 第八十九篇 カスチールノ貴族奇異ノ礼典ヲ修ス、及カスチール后イサベラノ事跡 / 364
  • 第九十篇 羅馬法王第二世ジュリスノ貪譎カンブレーノ盟約、並ニ仏王第十二世路易ノ死 / 369
  • 第九十一篇 仏王第一世フランソワーノ事、貴女始テ朝ニ登ル、及頭飾時様ノ変更、並以太利ノ役 / 374
  • 第九十二篇 西班牙王第五世ジャルノ有地、及仏王フランソワート王シャルト相競フ、カルディナル、ウォルセーノ事 / 378
  • 第九十三篇 金繍原並暴行 / 384
  • 第九十四篇 コンスターブル、ド、ブルボンノ冤、並西班牙王第五世シヤル偶然ノ利ヲ敵ニ得ル / 388
  • 第九十五篇 王シヤル仏王フランソワーヲ獄舎ニ訪フ、並ショワイエ、バヤールノ事 / 393
  • 第九十六篇 ラ、ペーデダム、仏国ノ建築法 / 399
  • 第九十七篇 仏国ノ建築法、並炎熱夏ノ如キコト六年 / 402
  • 第九十八篇 第一世フランソワーノ殂ヨリ第二世顕理ノ后カトリン、ド、メディシスノ事 / 405
  • 第九十九篇 西班牙王第五世シヤル王位ヲ辞シテ余生ヲ楽ム / 409
  • 第一百篇 サン、カンターノ役、西班牙王フィリップノ盟約二条、及エスクリヤウノ宮殿、並カレーノ地仏ニ帰ス、仏王顕理ノ死

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 仏国史(具氏)
著作者等 Goodrich, Samuel Griswold
Kasteel, Th. J. van
漢加斯底爾
エー・ジー・グードリッチ
書名ヨミ フツコクシ
書名別名 Futsukokushi
巻冊次 上冊
出版元 有隣堂
刊行年月 明16
ページ数 2冊 (上417, 下472p)
大きさ 20cm
全国書誌番号
40015371
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想