奥州藤原三代

斉藤利男 著

平泉の夢と北の歴史の可能性。平泉の文化と奥州藤原氏の歴史は、古代末期の日本社会がもっていた多様で豊かな可能性を示すものでした。平泉文化は、京都文化の単純な模倣でなく、日本国の枠を超えた「東アジアのグローバルスタンダード」というべき国際性を有していましたし、奥州藤原氏もまた、日本国から自立して北方世界を支配した、「北方王国」ともいえる権力でした。本書は、近年の研究で認識が一新した奥州藤原氏と平泉の世界を訪ねます。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 北方王国の夢
  • 1 奥州藤原氏誕生-初代清衡(その1)(清衡の誕生と父母
  • 「奥六郡の主」安倍氏と清原氏
  • 北緯39度ラインと40度ライン ほか)
  • 2 平泉開府と「奥羽仏教王国」構想-初代清衡(その2)(衣川から平泉へ
  • 清衡時代の平泉館
  • 中尊寺と仏教都市平泉 ほか)
  • 3 天下三分-二代基衡・三代秀衡(「奥の御館」の乱と基衡時代の開幕
  • 毛越寺建立と基衡の試練
  • 陸奥守藤原基成と基衡 ほか)
  • 流産した北方自立の道

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 奥州藤原三代
著作者等 斉藤 利男
書名ヨミ オウシュウ フジワラ サンダイ : ホッポウ ノ ハシャ カラ ヒライズミ バクフ コウソウ エ
書名別名 北方の覇者から平泉幕府構想へ
シリーズ名 日本史リブレット 人 23
出版元 山川出版社
刊行年月 2011.5
ページ数 89p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-634-54823-7
NCID BB05851232
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21935870
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想