感覚の幽(くら)い風景

鷲田清一 著

感覚はまるで幽い淵のよう。おどろおどろしい闇が匿されていたり、時には尻込みするほど深い官能を宿らせていたり…とらえどころのない感覚を身体論の名手が自在に読み解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ほころび-食について
  • 疵-苦痛について
  • 聲-聴取について
  • ふるえ-気配について
  • まさぐり-接触について
  • 縁-輪郭について
  • まどろみ-感覚について
  • ぬくみ-塞ぎについて
  • こもり-住居について
  • うつろい-服飾について
  • やつし-身体変工について

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 感覚の幽(くら)い風景
著作者等 鷲田 清一
書名ヨミ カンカク ノ クライ フウケイ
書名別名 感覚の幽い風景
シリーズ名 中公文庫 わ20-2
出版元 中央公論新社
刊行年月 2011.4
ページ数 218p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-12-205468-4
NCID BB05586619
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21944095
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想