朝日艦より見たる日本海海戦

塚本義胤 著

[目次]

  • 標題紙
  • 目次
  • 第一 佐世保出発。 / 1
  • 第二 聯合艦隊の軍容及軍気。軍艦朝日の同僚。 / 5
  • 第三 軍艦と艦隊。聯合艦隊の組織。 / 12
  • 第四 根拠地鎮海湾。朝鮮海峡の懐古。 / 19
  • 第五 第一期戦策と第二期戦策。南遣艦隊。の活動。我軍の配備 / 25
  • 第六 露国増援艦隊事情。其組織如何。遂に安南に達す / 32
  • 第七 敵果して来るか否か。対島か津軽か浦塩艦隊は如何。流星光底長蛇を逸したるか。 / 38
  • 第八 五月二十七日。「敵見ゆ」。合戦準備主力隊出動の偉観。敵の情報。 / 47
  • 第九 戦闘配置に就く。士官呼集。沖島附近の吊戦。奇襲隊を解く。敵の陣形。 / 54
  • 第十 書餐祝杯を挙ぐ。士気冷静。敵陣形を変する如し。敵視界に入りたり。 / 62
  • 第十一 接戦第一合。仰け三笠檣上の信号。遂に砲火を開く。「オスラビヤ」落伍。「スワロフ」火災。森下分隊長戦死。 / 68
  • 第十二 接戦第二合。浅間傷く。「ナヒモフ」を逸す。「スワロフ」水雷襲撃「スワロフ」の惨状。 / 78
  • 第十三 追撃戦。「ウヲル」撃沈。再ひ主力に及ぶ。「アレキサンダー」三世傷く。「ボロデノ」爆沈。書戦終了。 / 87
  • 第十四 次室の会合。機関官の労苦。噫森下中尉。治療室光景。戦死者。戦捷第一音 / 98
  • 第十五 二十八日。日本海巻狩り。残敵の主力を発見す。鰯網を張つた。 / 108
  • 第十六 包囲形勢成る。敵艦を望む。戦闘開始。敵艦隊降伏す。 / 114
  • 第十七 大芝居見物。敵艦捕獲捕虜収容準備。「アリヨール」受領。 / 121
  • 第十八 捕虜の様子。艦長と敵副長との奇遇。家信 / 128
  • 第十九 「アリヨール」紛失。漸く発見す。同艦内の大混雑。舞鶴軍港に向ふ / 136
  • 第二十 「アリヨール」艦長の水葬。舞鶴に着す。昨夜の「アリヨール」騒動。 / 143
  • 第二十一 日高長官の祝宴。其後の戦報。 / 150
  • 第二十二 終りに一言。天祐と戦捷。東郷大将の人格。日本民族の使命。 / 154
  • 附録
  • 日本海海戦公報 / 161
  • 露国艦隊損害一覧 / 185
  • 写真三葉
  • 航跡図四葉

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 朝日艦より見たる日本海海戦
著作者等 塚本 義胤
書名ヨミ アサヒカン ヨリ ミタル ニホンカイ カイセン
出版元 滄浪閣書房
刊行年月 明40.6
ページ数 188p
大きさ 23cm
NCID BN15309030
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
40014360
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想