明治歴史  下

坪谷善四郎 著

[目次]

  • 標題紙
  • 目次
  • 第四編 政変史
  • 維新以後政権変遷の梗概 / 1
  • 今上登極、新政体の確立 / 13
  • 公議与論の消長と官制の更革 / 42
  • 徴兵令の発布 / 54
  • 地租改正の始末 / 63
  • 征韓論の大破裂 / 72
  • 民撰議院設立の建議及び民間政治思想の萌芽 / 79
  • 佐賀の叛乱 / 98
  • 台湾征討及び清国葛藤始末 / 103
  • 土佐の民権論及び立志社の由来 / 115
  • 大坂会議及其結果、元老院大審院及地方官会議の創設 / 124
  • 地方行政の整頓及び四方の巡幸 / 133
  • 熊本及び山口の叛乱 / 143
  • 鹿児島の叛乱 / 146
  • 丁丑役後属発の政害 / 157
  • 民権論勃興の萌芽、愛国社の再興 / 165
  • 国会開設の請願、集会条例の発布、自由党組織 / 169
  • 地方官会議及其の沿革 / 177
  • 北海道官有物の払下取消並に国会開設の聖詔 / 181
  • 各政党の団結、板垣退助岐阜の遭難、主権論の紛争 / 191
  • 自由改進両党の軋轢並に三菱会社暴富の事情 / 206
  • 航海業保護干渉の失政、日本郵船会社の創設 / 220
  • 自由党員の国事犯、各政党の萎茶 / 228
  • 維新以後政府の更迭及び十八年の官制大改革 / 236
  • 伊藤内閣の施設、欧化政略の失敗、自治制発布の始末 / 259
  • 大同団結、自治党、及保守党中正派の組織 / 279
  • 憲法発布 / 290
  • 森有礼の暴刺、大隈重信の要撃、黒田内閣の総辞職 / 295
  • 大同団結の分裂、立憲自由党の組織 / 304
  • 山県内閣、法典発布、及び元老院閉院 / 310
  • 第一期帝国議会、憲法第六十七条の争議 / 323
  • 松方内閣、露国皇太子の遭難、岐阜愛知の震災 / 337
  • 第二期帝国議会及び其解散 / 341
  • 第三期帝国議会、撰挙干渉上奏案の争議 / 347
  • 松方内閣の総辞職、伊藤内閣の組織 / 356
  • 第四期帝国議会、内閣弾劾上奏始末 / 364
  • 第五編 財政史
  • 王政維新に伴ふ財政上の変遷 / 382
  • 紙幣発行始末及其当初の困難 / 390
  • 藩札交換及贋造紙幣処分 / 399
  • 貨幣改鋳始末 / 411
  • 政府紙幣の種類及其の発行の事情 / 429
  • 国立銀行創設及び其紙幣発行の事情 / 444
  • 紙幣整理策の失敗並に紙幣増発の弊害 / 453
  • 日本銀行の創立と国立銀行条例の改正 / 467
  • 準備金の蓄積及其経営せる事業 / 483
  • 紙幣兌換始末 / 497
  • 高利公債償還始末 / 519
  • 会計法の由来並に見込会計表の公示 / 546
  • 歳入出予算の制定、会計検査の実施 / 571
  • 明治十五年以後会計法の沿革 / 575
  • 歳入出予算の争議 / 582
  • 各種租税の沿革 / 589
  • 第六編 外交史
  • 維新以後外交事件の梗概 / 596
  • 現行条約改正談判の沿革 / 597
  • 秘露売奴事件 / 612
  • 樺太交換始末 / 613
  • 朝鮮修交始末 / 616
  • 朝鮮内乱、日清韓三国の交渉、天津条約 / 621
  • 朝鮮防穀事件始末 / 625
  • 第七編 社会変遷史
  • 維新以後社会進化の大勢 / 630
  • 維新に伴ふ都鄙民産の変革 / 636
  • 国民平等主義の実行、風俗の急変 / 639
  • 廃藩後風俗の変遷及之に伴ふ反動 / 643
  • 維新以後文学の変遷 / 652
  • 金融及産業の大勢 / 662
  • 通信機関の発達、郵便、電信、電話機の利用 / 686
  • 交通運輸の進歩、鉄道の延長 / 692

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 明治歴史
著作者等 坪谷 善四郎
書名ヨミ メイジ レキシ
巻冊次
出版元 博文館
刊行年月 明26
版表示 3版
ページ数 2冊 (上579, 下700p)
大きさ 19cm
NCID BA33743751
BN06228878
BN12071850
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
40013902
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想