西南アジアの砂漠文化 : 生業のエートスから争乱の現在へ

松井健 著

三〇年余りのフィールドワークから証される、放牧とナツメヤシ栽培の生業のエートス、資源をめぐるポリティーク、スラームの異端ズィクリー、婚外性関係の処断など、西南アジアの砂漠文化の知られざる諸相とは。アフガニスタン、パキスタン・バルーチスターン-絶えることのない争乱の根源を文化からとく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 アフガニスタンの遊牧-西南アジアにおける生業のエートス(1)(アフガニスタンのパシュトゥーン遊牧民
  • 家畜群構成と牧畜経営類型-アフガニスタンの牧畜諸集団に関する民族誌的覚書 ほか)
  • 第2部 バルーチスターンとラージャスターンのオアシス/乾燥農業-西南アジアにおける生業のエートス(2)(バルーチスターン・マクラーン地方の農業と社会
  • マクラーニー・バルーチュのヤシ文化 ほか)
  • 第3部 パシュトゥーン、バルーチュ対照民族誌(一九世紀アフガニスタン、バルーチスターンの遊牧民
  • 遊牧の二類型とその意味-生業の複合性についての人類学的覚え書き ほか)
  • 第4部 歴史的社会的からまりあい(アフガニスタンにおける民族関係
  • アフガニスタン紛争の文化的要因 ほか)
  • 第5部 フロンティアの現在(ズィクリーはムスリムか?-バルーチスターンにおける宗教問題の外延
  • アフガニスタンという不幸-近代、「前」近代、「反」近代の布置)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 西南アジアの砂漠文化 : 生業のエートスから争乱の現在へ
著作者等 松井 健
書名ヨミ セイナン アジア ノ サバク ブンカ : セイギョウ ノ エートス カラ ソウラン ノ ゲンザイ エ
書名別名 東洋文化研究所紀要

Seinan ajia no sabaku bunka
シリーズ名 東京大学東洋文化研究所研究報告
出版元 人文書院
刊行年月 2011.3
ページ数 682p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-409-53041-2
NCID BB05627738
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21944469
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想