世界的研究に基づける日本太古史  下巻

木村鷹太郎 著

[目次]

  • 目次
  • 第三編 歴史及び地理(神代地理) / 1
  • 第一章 日本民族太古の歴史地理に就て / 1
  • 第二章 高天原地理-小亜細亜 / 36
  • 第三章 猶太教及び耶蘇教の日本開闢説に有する関係 / 72
  • 第四章 国生み地理 / 90
  • 第五章 神生み地理 / 123
  • 第六章 黄泉国地理 / 131
  • 第七章 禊地理-及び禊より成りし神々 / 145
  • 第八章 宗像三女神の地理- / 180
  • 第九章 須佐之男尊に関する歴史地理-及び世界二名剣 / 188
  • 第十章 大国主神に関する地理 / 245
  • 第十一章 少名彦名ノ神と大物主ノ神とトートの神と / 258
  • 第十二章 天孫降臨 / 271
  • 第十三章 印度は高天原の垂跡地、釈迦は忍穂耳命の権化 / 298
  • 第十四章 神鏡 / 314
  • 第十五章 天孫降臨地理-希臘高千穂 / 339
  • 第十六章 天孫遊行と鹿葦津姫-三子生誕と希臘諸民族 / 355
  • 第十七章 彦火々出見命の海神国行-阿弗利加北岸東部地理 / 365
  • 第十八章 鵜葺草葺不合命-阿弗利加北岸西部地理 / 407
  • 第四編 歴史及び地理(希臘) / 423
  • 第一章 神武天皇の天業回弘-「ヘーラクレース族の希臘帰来」 / 423
  • 第二章 羅馬建国者稲氷命。ピラミッド王御毛入野命 / 516
  • 第三章 神武天皇後八代の皇居及び皇陵 / 535
  • 第四章 崇神天皇の天下経綸-宣教使の起原 / 549
  • 第五章 埃及及び亜拉比亜方面に皇化の延張 / 562
  • 第五編 歴史及び地理(亜拉比亜及び埃及中心) / 566
  • 第一章 崇神天皇亜拉比亜メツカ還都 / 566
  • 第二章 垂仁天皇の纒向-埃及遷部 / 579
  • 第三章 天の日矛及び阿利叱智于岐は-天文学者ヒッパーコス及びアリシタルコスなり / 587
  • 第四章 狭穂姫神話及び其地理-南埃及 / 621
  • 第五章 前・鵬程万里-本牟知別王 / 629
  • 第六章 本牟知別王と、シェクスピアの『ハムレット』と、バイロンの『海賊』との関係 / 684
  • 第七章 景行天皇の希臘筑紫の巡狩 / 708
  • 第八章 後・鵬程万里-日本武尊東征 / 732
  • 第九章 耶蘇紀元は天照大御神のエチオピア伊勢御鎮坐紀年 / 807
  • 第十章 経度緯度の起原、及びスダン及びコンゴーの命名 / 826
  • 第十一章 神功皇后の西征-伊太利征伐 / 840
  • 第十二章 七曜は日本神名の紀念なること並に日本人と北欧人との関係 / 935
  • 第十三章 余論及び結論-日本学は世界統一学 / 949

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 世界的研究に基づける日本太古史
著作者等 木村 鷹太郎
書名ヨミ セカイテキ ケンキュウ ニ モトズケル ニホン タイコシ
巻冊次 下巻
出版元 木村鷹太郎
刊行年月 明44,45
ページ数 2冊 (上754, 下972p) 地図
大きさ 22cm
NCID BA30076468
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
40013257
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想