加波山事件

野島幾太郎 (草民) 著

[目次]

  • 目次
  • 其一 鯉沼九八郎出でたり
  • 其二 其の精神
  • 其三 其の幼時及び青年時代
  • 其四 政府頻に探偵を放つ
  • 其五 栃木町近竜寺の会
  • 其六 福島事件起る
  • 其七 琴田星の二氏難を大坂に避く
  • 其八 志士の仮面を冠りし「犬」
  • 其九 横山信六氏
  • 其拾 運動会を開くこと三回
  • 其拾壱 第三運動会の余聞
  • 其拾弐 「惣代八幡」の縁起
  • 其拾参 其の祭文
  • 其拾四 塩田江田新井三氏の奇禍
  • 其拾五 所謂水代事件
  • 其拾六 塚原小林の二氏亦楚囚
  • 其拾七 県令三島来任す
  • 其拾八 鯉沼氏元三島を識る
  • 其拾九 佐藤某は是れ雲井竜雄の友
  • 其弐拾 鯉沼道甫氏の同志筑紫武夫
  • 其弐拾壱 鯉沼氏郷関を辞す
  • 其弐拾弐 飛鳥山の大運動会
  • 其弐拾参 琴田岩松氏
  • 其弐拾四 鯉沼氏爆裂弾製造に心を砕く
  • 其弐拾五 鯉沼氏等三島を襲ふ
  • 其弐拾六 天野山口大高の三氏
  • 其弐拾七 鯉沼河野両氏の初対面
  • 其弐拾八 河野広体氏
  • 其弐拾九 小林五十川井上窪田の四氏東上す
  • 其参拾 五十川元吉氏
  • 其参拾壱 草野佐久馬氏
  • 其三拾二 琴田草野の二氏鯉沼氏を稲葉に訪ふ
  • 其三拾三 大橋源三郎氏
  • 其三拾四 佐伯正門氏
  • 其三拾五 三たび三島を襲ふ
  • 其三拾六 壮士一挙寧静館を奪ふ
  • 其三拾七 鯉沼氏等塩田氏を吹上村に訪ふ
  • 其三拾八 鯉沼氏太田に井上氏を挫ぐ
  • 其三拾九 鯉沼氏家督を譲る
  • 其四拾 長畑の後藤館
  • 其四拾壱 有一館の組織成る
  • 其四拾弐 栃木県に於ける三島の土木工事
  • 其四拾参 新井章吾氏宅の会
  • 其四拾四 太平山の会
  • 其四拾五 五月前後の福島県
  • 其四拾六 三浦文治氏有志の門を叩く
  • 其四拾七 喜多町篤屋の会
  • 其四拾八 安瀬氏宅の筆談
  • 其四拾九 筑波山の会
  • 其五拾 ○○○○○○の三卿を狙撃せんとす
  • 其五拾壱 鯉沼河野二氏寧静館に小勝某を面折す
  • 其五拾弐 延寮館宴会に就ての企
  • 其五拾参 河野氏波間に地図を画く
  • 其五拾四 鯉沼河野の二氏東北に赴く / 138p
  • 其五拾五 秩父暴動の萌芽
  • 其五拾六 利根の船中琴田佐伯の二氏相唱和す
  • 其五拾七 館野氏稲葉に来る
  • 其五拾八 河野氏南上す
  • 其五拾九 真名子山中の爆裂弾試験 / 149p
  • 其六拾 梁山泊に落ち来る一大飛報
  • 其六拾壱 阿久津氏上京す
  • 其六拾弐 三人男及び其の評定
  • 其六拾参 佐伯氏の茨城行
  • 其六拾四 秘電着せり梁山泊
  • 其六拾五 磯山氏病院に遁る
  • 其六拾六 中山氏名刀を鯉沼氏に贈る
  • 其六拾七 小川町の爆裂弾騒ぎ
  • 其六拾八 門奈茂次郎氏
  • 其六拾九 稲葉に於ける最後の評定
  • 其七拾 爆裂弾破裂し鯉沼氏の腕飛ぶ
  • 其七拾壱 石崎鼎吾氏
  • 其七拾弐 大橋氏林中に変事を聞く
  • 其七拾参 志士中田の文武館に赴く
  • 其七拾四 保田駒吉氏
  • 其七拾五 鯉沼氏病院に渡辺警部補を欺く
  • 其七拾六 河野氏白書鯉沼氏を病院に訪ふ
  • 其七拾七 小針重雄氏壬生町に宿す
  • 其七拾八 佐伯氏途に杉浦氏に逢ふ
  • 其七拾九 志士下館の有為館に集る
  • 其八拾 杉浦氏来て河野氏等を迎ふ
  • 其八拾壱 富松氏及び玉水氏
  • 其八拾弐 志士蛋引山を志す
  • 其八拾参 富松氏を推して謀主と為す
  • 其八拾四 自由の旗は翻る加波の朝嵐
  • 其八拾五 満腔の血は迸る革命の檄文
  • 其八拾六 警吏の胆は潰る町屋の分署
  • 其八拾七 借用の証は露す志士の天真
  • 其八拾八 壮士の感を深す北米の告示
  • 其八拾九 上野の心は期す雪中の梅花
  • 其九拾 一点は紅は見よ万緑の叢中
  • 其九拾壱 宇都宮を衝く最後の奇策
  • 其九拾弐 解散の要を説く栃木の同志
  • 其九拾参 吶喊の声は起る山下の衝突
  • 其九拾四 河野の詩は示す胸中の余地
  • 其九拾五 志士の義に勇む本木の村長
  • 其九拾六 入京の議を執る岩瀬の山林
  • 其九拾七 鯉沼の胸は披く新聞の記事
  • 其九拾八 小栗の天に轟く二回の投弾
  • 其九拾九 縲絏の辱を受く政客の面面
  • 其百 熱火の涙を揮ふ芳賀の解散
  • 其百壱 惨酷の度を極む栃木の栲問
  • 其百弐 氏家の町に捕る河杉の二士
  • 其百参 妊婦の腹を蹴る警部の残忍
  • 其百四 草野の身を囲む数名の憲兵
  • 其百五 小林の臆に記す峡陽の始末
  • 其百六 戦血の痕を尋ぬ下野の壮漢
  • 其百七 七日の期は終る鯉沼の入獄
  • 其百八 警吏の網を潜る琴田の機転
  • 其百九 嫌疑の縄を戴く質朴の農民
  • 其百拾 志士の捕に就く高輪の一角
  • 其百拾壱 俯仰の感を惹く獄裏の天野
  • 其百拾弐 小針の身は浴る浜松の村雨
  • 其百拾参 法師の身を装ふ房州の富松
  • 其百拾四 信州の雲に入る塩田の遁走
  • 其百拾五 鮫鰐の口を免る新井の上京
  • 其百拾六 鉄窓の下に吟ず栃木の榊原
  • 其百拾七 血染の雪を下す宇陽の監獄
  • 其百拾八 就縛の殿と為る北陸の原氏
  • 其百拾九 不当の刑を用ゆ予審の終結
  • 其百弐拾 祖母の恩に泣く囹圄の河野
  • 其百弐拾壱 虹霓の気を吐く在監の諸士
  • 其百弐拾弐 懸河の弁を揮ふ公延の河野
  • 其百弐拾参 減食の刑は続く網裏の鯉沼
  • 其百弐拾四 常事の犯に決す判官の裁判
  • 其百弐拾五 板倉の許に送る富松の弁明
  • 其百弐拾六 刑場の露と消ゆ社会の継児
  • 其百弐拾七 北海の雪に埋る志士の呻吟
  • 其百弐拾八 舞踏の会を嘆ず監中の佐伯
  • 其百弐拾九 鶏姦の弊を矯む空知の鯉沼
  • 其百参拾 二氏の夢は寒し樺戸の監舎
  • 其而後 聖代の露に霑ふ国事の犯人

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 加波山事件
著作者等 野島 幾太郎
書名ヨミ カバサン ジケン
出版元 宮川書店
刊行年月 明33.12
ページ数 368p 図版
大きさ 23cm
NCID BA33828016
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
40013732
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想