食卓にあがった放射能

高木仁三郎, 渡辺美紀子 著

原子力時代の末期症状による大事故の危険性と、放射性廃棄物がたれ流しになっていくことに対する危惧の念。原発事故による食品汚染問題に備える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 食品の放射能汚染とは
  • 2 チェルノブイリの放射能-その教訓
  • 3 食卓にあがった放射能
  • 4 輸入食品と放射能汚染
  • 5 日本で原発事故が起こったら
  • 6 放射能にどう備えるか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 食卓にあがった放射能
著作者等 渡辺 美紀子
高木 仁三郎
書名ヨミ ショクタク ニ アガッタ ホウシャノウ
書名別名 食卓にあがった死の灰
出版元 七つ森書館
刊行年月 2011.4
版表示 新装版
ページ数 159p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-8228-1131-0
NCID BB05629369
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21966769
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想